マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年4月9日

令和元年11月27日開催の日向警察署協議会

開催日時

令和元年11月27日(水曜)15時30分~17時30分

出席者

  1. 議会委員9名
  2. 警察署12名

署長、副署長、刑事官、会計課長、留置管理課長、生活安全係長、刑事第一課長、刑事第二課長、交通課長、警備課長、地域課長、警務係長

臨席者

宮崎県公安委員会藤田委員長

議事の概要

前回の協議会において提出した意見書

  1. ゾーン30の設置について、その効果を高めるためにも、各種機械を通じ地域住民、学校等へ周知させてもらいたい。

説明

  1. 生活道路や通学路の安全対策として、各種団体等の諮問に答えるため、平成31年度から管内の実態を踏まえ小中学校を中心とした交通安全対策として、地域住民の理解と協力の基に道路管理者との連携を図り、ゾーン30を積極的に取り入れ、交通事故抑止を推進していることを紹介した。
  2. これまでの経過として、管内小中学校近辺の現状調査、ゾーン30設置場所の選定、区長からの意見聴取、学校関係者からの意見聴取、道路管理者からの意見聴取、地区住民等への説明会、県警本部規制課担当者への現場説明等を実施した。
  3. 本年度のゾーン30の設置は、日向市大王町地区(大王小学校校区)、門川町加草地区(草川小学校校区)にエリアを選定した。
  4. 地域住民の方々から交通規制による交通安全対策を望む意見が多いことから、ゾーン30の実施に向けた本部規制課への上申、及び宮崎県公安委員会の意思決定(交通規制)を早期に行い、交通安全対策を行う。

署長諮問

署長から、「効果的な該当犯罪抑止対策について」について諮問があった。

委員発言

署長の諮問関係

防犯意識を高める施策を積極的に推進してもらいたい。

 

お問い合わせ

宮崎県公安委員会  

〒880-8509 宮崎県宮崎市旭1の8の28

電話:0985-31-0110