トップ > 健康・福祉 > 食の安全・衛生 > 食の安全・安心 > 食の安全・安心交流会実施について

ここから本文です。

更新日:2018年10月9日

食の安全・安心交流会実施について

県では、平成27年4月に、「宮崎県食の安全・安心推進条例」を施行し、県民との協働による食の安全・安心の取組を推進しています。

県民と食品関連事業者の相互理解を深めることを目的として、「みやざき食の安全・安心推進協力店」の登録店において見学会を実施し、食品に関する安全性や衛生管理のための取組などについて意見交換を行なっています。

これまで実施した交流会について

農事組合法人香川ランチ(平成29年度)

農場HACCP推進農場(畜産農場にHACCPの考え方を取り入れ一定の要件を満たす畜産農場として指定されているもの。)である農事組合法人香川ランチにおいて卵がパックされるまでの工程を見学し、食の安全・安心のための取組について意見交換を行いました。

その後、ルピナスパークふれあい体験館において、手洗いチェッカーを使いながら、手洗いマイスターからの手洗い講習を受講後、そば打ち体験を行いました。

香川ランチ工場

意見交換

手洗い

そばうち

宮崎県農協果汁株式会社(平成28年度)

食品安全のための規格であるHACCP、ISO9001、FSSC22000を導入している宮崎県農協果汁株式会社において、いつも何気なく飲んでいるジュースやお茶がどのように作られているか見学しながら、衛生管理の取り組みを確認しました。

農協果汁工場

H28

そば打ち体験

 

株式会社高千穂牧場(平成27年度)

株式会社高千穂牧場において、HACCPを導入している牛乳製造ラインや、牛舎、バイオマスプラント等を見学し、食品の生産・製造過程などの説明を受けました。

見学終了後には、高千穂牧場の体験メニューの中からアイスクリーム作りにも参加しました。

参加者様子1

参加者様子2

施設見学様子

 

お問い合わせ

農政水産部農業連携推進課みやざきブランド推進室食の安全推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7127

ファクス:0985-26-7332

メールアドレス:miyazaki-brand@pref.miyazaki.lg.jp