トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 国文祭・芸文祭みやざき2020 > 国文祭・芸文祭みやざき2020について

ここから本文です。

更新日:2020年12月28日

国文祭・芸文祭みやざき2020について

 大会名

第35回国民文化祭・みやざき2020
第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会

 キャッチフレーズ

山の幸海の幸いざ神話の源流へ

宮崎県では神代の昔から豊かな山と海を、そこから育まれるいのちをいただいてまいりました。また、そのことに対する感謝の心が様々な文化として芽吹き、これまで脈々と継承されてきております。このような素晴らしい宮崎に来てもらい、宮崎の魅力を体感してもらいたいと考え、このキャッチフレーズを設定いたしました。

 基本方針

国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭を宮崎県において開催するにあたって、次の基本方針のもと、開催に向けた取組を進めます。

方針1

「神話の源流みやざき」の探究

はじまりを知り、継承、熟成されたみやざきの宝を堪能する

方針2

すべての県民が参画し、若い世代が輝く

すべての県民が大会へ参画するとともに、一体となったもてなしを行い、次代の文化活動を担う若者が躍動し地域の元気を牽引する

方針3

新しい出会いから始まる文化の創造

歴史を紡いだ本県の多種多様な民俗芸能や伝統行事、文化事業を再認識・継承・発展させるとともに、地域や世代、ジャンルを超えた全国的な文化交流により新たな文化を創造する

方針4

共に生きる共に感じる文化で紡ぐ共生社会

障がいのある人もない人も互いに人格と個性を尊重し合う共生社会を実現するとともに、新しいボーダレスな芸術文化を創造する

方針5

「ひなた」に育まれた食と暮らしそして世界へ

日本のひなた宮崎県の豊かな自然が育んだ農山漁村文化と食文化を全国へ、世界へと羽ばたかせる

 

 会期

2021年(令和3年)7月3日(土曜日)~10月17日(日曜日)【107日間】

 主催者

文化庁、厚生労働省、宮崎県、宮崎県教育委員会、市町村、市町村教育委員会、第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会、市町村国民文化祭実行委員会、文化関係団体等

ロゴマーク

382点の応募があり、選考の結果、下記ロゴマークに決定しました。宮崎市在住のアマチュアのイラストレーター(かわぐちまいさん)が制作しました。

ロゴマークの説明

このロゴマークは、人と人が繋がり手を取り合って文化が生まれていくというイメージを、水引をモチーフにデザインしています。太古から受け継がれてきた日本文化の素晴らしさを再認識し、新たな文化や価値観が生まれていくことを表現しています。

ロゴマークダウンロード

ロゴマークデータは各種ダウンロードページよりダウンロードお願いします。

 マスコットキャラクター

県のシンボルキャラクターとして、県民に定着している「みやざき犬」がマスコットキャラクターです。

成30年度に募集しました「文化とみやざき犬イラスト」の入賞作品及び特別賞作品のうち、5点を「国文祭・芸文祭バージョンのみやざき犬」としてイラストにしました(右記写真を参照。左から「音楽祭ひぃくん」「神話むぅちゃん」「牧水かぁくん」)。是非、いろいろな場面でご使用ください。

 公式ポスター

企画コンペの結果、12社31点の応募があり、選考の結果、下記公式ポスターに決定しました。

公式ポスター表面公式ポスター裏面

神楽の舞台でめぐらせる「彫り物」を中心に、山から海へと流れる大河のように神楽を始め様々な文化が、悠久の時間をかけて伝承されてきた宮崎をデザインしました。神楽面や鳥居のイラストとともに、国文祭・芸文祭で開催されるイベントもイラストで表現されております。

【補足】彫(え)り物とは、数百年にわたって受け継がれてきた宮崎の神楽において、その舞台である「神庭(こうにわ)」の周囲に巡らされる切り紙のことです。

 イメージソング

大会イメージソングを「アルケミスト」が制作します。

「アルケミスト」は、子どもから大人まで親しみやすいメロディーで、宮崎らしい温かで爽やかな曲を提供していただけること、ボーカルのこんやしょうたろうさん(写真左)は、本県のご出身であることから、今回制作をお願いしました。

 

注意:写真はアルケミストのお二人です。写真左がボーカルのこんやしょうたろうさん、写真右がピアノの井尻慶太さんです。

今回の発表にあたり、アルケミストの皆様から、以下のコメントをいただいております。

「宮崎の人も、全国の人も、この大会に参加して、楽しんでもらえるよう、僕たちと一緒に大会を盛り上げていきましょう。よろしくお願いします!」

イメージソング振付動画

子どもから年配の方まで幅広い年代の方に大会を知っていただき、大会に親しんでもらうため、大会イメージソングを活用した振付動画を制作しました。発表会や運動会などさまざまな用途で活用していただければと思います。

注目ポイント:振付の中で、サビの部分(冒頭の0分21秒から0分41秒、1番の1分29秒から1分53秒、2番の2分36秒から3分01秒、最後の3分38から4分00秒)には手話が取り入れられています。

イメージソングダウンロード

イメージソングは各種ダウンロードページよりダウンロードお願いします。

 広報アンバサダー

本県に縁(ゆかり)のある著名人を、国文祭・芸文祭みやざき2020広報アンバサダーとして委嘱し、各自のフィールドで当該大会のPRをお願いしております。

アルケミスト(歌手|委嘱日:令和元年10月10日)

アルケミストさん

アルケミストのコメント

  • こんやしょうたろう様(写真中央・ボーカル担当・宮崎県出身)
  • 井尻慶太様(写真右・ピアノ担当・神奈川県出身)

「本大会は会期が変更になりましたが、皆さんが(本大会を)楽しみにする時間が増えました。私たちが作った大会イメージソング

『ひなたの真ん中で』を覚える時間も増えました。いろんな人の準備期間も伸びましたので、たっぷり準備ができます。

プラスに考えて楽しみましょう。私たちもがんばります!」

野田あすか様(ピアニスト|委嘱日:令和2年1月24日)

野田あすかさん

野田あすか様のコメント

「国文祭・芸文祭が宮崎らしいあたたかな心を感じられるような大会になるよう私も楽しみながらがんばります!」

俵万智様(歌人|委嘱日:令和2年3月9日)

俵万智さん

俵万智様のコメント

「宮崎には神楽をはじめとして、素晴らしい文化がたくさんあります。また若山牧水が育った土地でもあります。食も充実しています。

この大会をきっかけに、宮崎の文化の魅力を県内外に発信し、地元の人にもその素晴らしさを再認識していただきたいです。

特に子どもたちに、大会を味わって、楽しんでもらって、新しい文化の担い手に育っていってもらえたらと思います。

私も、一県民として楽しみにしています。是非みんなで盛り上げていきましょう!」

 

山内達哉様(ヴァイオリニスト|委嘱日:令和2年12月11日)

山内達哉様

山内達哉様のコメント

「宮崎は豊かな山、海に囲まれ、もちろん人も温かいですし、私がいま東京に行って、宮崎を離れているからこそ気づく、宮崎の魅力もたくさんありました。

宮崎は歴史も文化も深いところです。これからたくさんさらに探究していきたいと思いますので、皆様と一緒にこの大会を盛り上げていければと思っています。

どうぞよろしくお願い致します!」

 

 事業構成

【令和2年度】

  • 国文祭・芸文祭みやざき2020さきがけプログラム

令和2年度内に実施する事業は「国文祭・芸文祭みやざき2020さきがけプログラム」として実施し、令和3年度の本大会と一体となってPRを推進して

まいります。詳しくは下記ページを御覧ください。

「国文祭・芸文祭みやざき2020_さきがけプログラム」

【令和3年度】

【留意事項】

  • 掲載情報は、令和2年11月30日時点のものであり、内容の一部が変更となる可能性があります。
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場制限、内容の変更、公演等の中止を行う場合があります。

 県実行委員会主催事業

1合フェスティバル(開会式、屋外イベント、閉会式)

開会式

  • 開催日:令和3年7月3日(土曜日)
  • 会場:メディキット県民文化センター(演劇ホール)
  • 内容:大会の幕開けを告げる「宮崎らしさ」を前面に出した舞台演出等

屋外イベント「いざや、みやざき宵まつり」

  • 開催日:令和3年9月25日(土曜日)
  • 会場:県庁周辺(本館前庭、楠並木通り等)
  • 内容:県内の代表的な「祭り」が集結したパレード。夜神楽の奉納、若者が主役のステージ、食ブース等

閉会式

  • 開催日:令和3年10月17日(日曜日)
  • 会場:メディキット県民文化センター(演劇ホール)
  • 内容:大会の締めくくりにふさわしい未来に向かってメッセージを発信するステージ

2ォーカスプログラム

本県における長い文化的な営みの中で育んできた4つの文化それぞれに焦点(フォーカス)を当てたプログラムを実施します。

【フォーカス1】「記紀・神話・神楽」

  1. 神楽フェスティバル:県内外から招聘した神楽団体による神楽の披露
  2. 記念講演会:宮崎にゆかりのある著名人や文化人が、宮崎に伝わる神話や伝承などを語る講演会を開催
  3. キキタビ(記紀旅):記念御朱印・記念御朱印帳配付をはじめ、各地の神話ゆかりの地をつなぐ企画を展開

【フォーカス2】「宮崎国際音楽祭」

(写真K.Miura)

  1. 宮崎国際音楽祭:国文祭・芸文祭期間中の開催で調整中
  2. 子どもと楽しむミュージック・デイ:子育て世代が親子で気軽に楽しめるミニコンサート
  3. オトタビ:観光列車に乗って、沿線の景色や食を味わいながら音楽を楽しむツアーを実施

【フォーカス3】「若山牧水」

  1. 短歌オペラ:牧水の短歌と音楽を融合した舞台に宮崎県出身者が多数出演
  2. みやざき短歌きらり★大人のための短歌超入門:若者や現役世代を対象とした短歌に親しむイベントを開催
  3. レキタビ:牧水のふるさと耳川流域の歴史をたどり体感するツアーを実施

【フォーカス4】「宮崎の食文化」

  1. 食文化シンポジウム:スポーツや健康をテーマに、アスリートを支える宮崎の食の魅力について発信するシンポジウム
  2. だれやみ文化大学:お酒に造詣が深いゲストを招き、宮崎の焼酎や「だれやみ」文化、地域の特色について探求するプログラム
  3. サチタビ:山の幸・海の幸を堪能しながら県内の食文化を味わい、学ぶツアーを実施

3ートナーシッププログラム

様々な団体等と連携し、多くの県民が楽しみながら地域の文化に触れられるプログラムを実施します。

【県有文化施設とコラボ!】光と神話の世界

総合文化公園にひろがる不思議な光の世界。各国のクリエイターが製作をしたプロジェクションマッピングの放映や、光のパフォーマンス、周辺の文化施設によるコラボステージなどを実施

【各地のまちづくり団体とコラボ!】まちなか文化祭

まちなか文化祭

宮崎市、都城市、延岡市、日南市の4地域の中心市街地、まちなか等で、各地域の特色を活かした催事を開催

【宮崎日日新聞社とコラボ!】キッズプレスプロジェクト

キッズプレス

宮崎の文化を担うこども記者たちが、地域の文化・伝統を取材。取材の成果は、宮崎日日新聞及び宮日こども新聞にて紙面展開

4に生きて共に感じる芸術文化プログラム

文化を通じ、障がいのある人もない人も共に生きる社会の実現を図るためのプログラムを実施します。

演劇公演「ゆかいアート村はじまり物語」

演劇公演

  • 開催日:令和3年7月10日(土曜日)・11日(日曜日)
  • 会場:三股町立文化会館
  • 内容:障がいのある人とない人による、生きづらさを乗り越えた先の理想の世界を若い世代と共に描く演劇公演

"こころ"のふれあうフェスタ2020

フェスタ

  • 開催日:令和3年8月7日(土曜日)
  • 会場:メディキット県民文化センター(演劇ホール)
  • 内容:障がいのある人が主役のダンスや音楽などのステージパフォーマンス

【ゲスト】日本ろう者劇団の手話狂言、アルケミストのライブ

わたぼうし宮崎コンサート2020

わたぼうし

  • 開催日:令和3年8月22日(日曜日)
  • 会場:宮崎市民文化ホール(大ホール)
  • 内容:障がいのある人とない人が詩と音楽で共につながるコンサート。ピアニスト野田あすか作曲「ココロノイロ」の弦楽五重奏との共演も

アートフェスティバル

アートフェスティバル

  • 開催日:令和3年10月2日(土曜日)
  • 会場:宮崎市中心市街地
  • 内容:ステージイベントや体験型アート、マルシェなど、まちなかでアートに親しむイベント

ひなたのまんなかで~全国障がい者アート作品展~

ひなた

  • 開催日:令和3年7月2日(金曜日)~11日(日曜日)
  • 会場:宮崎県立美術館(県民ギャラリー)
  • 内容:全国から公募した障がい者アートの作品展。審査員による賞の贈呈あり。全国連携事業・フェニックスウォールアートも併設展示

短歌展「みやざき短歌きらり★」

短歌展

(「空」野海靖治)

  • 開催日:令和3年9月18日(土曜日)~26日(日曜日)
  • 会場:メディキット県民文化センター(イベントホール)
  • 内容:国文祭事業「大人のための短歌超入門」等で作られた短歌を映像、音楽等で演出し、印象的に展示する作品展

宮崎アーティストファイル「ギフト展」

ギフト展

(「無題」(2014年頃)藤岡祐機)

  • 開催日:令和3年10月2日(土曜日)~17日(日曜日)
  • 会場:高鍋町美術館
  • 内容:障がい者アーティストに焦点を絞ってその芸術性のすばらしさに光を当てる作品展

ココロノイロ~県内障がい者アート作品展~

ココロノイロ

  • 開催日:令和3年10月9日(土曜日)~17日(日曜日)
  • 会場:宮崎県立美術館(県民ギャラリー)
  • 内容:「県立特別支援学校アート展」と「”こころ”のふれあうフェスタ作品展」の合同展。コラボ作品も展示

 市町村実行委員会主催事業

分野別フェスティバル

市町村が文化団体等と連携し、それぞれの地域の特色を生かした文化事業を「分野別フェスティバル」として実施します。

音楽・都城市

舞踊・宮崎市

伝統・宮崎市

文芸・日向市

食文化・門川町

生活文化・小林市

 

 

 

  • 宮崎市では、「んまつーポス(日本)×Unlock Dacing Plaza(香港)『空想運動会』コンテンポラリーダンス」や「童謡の祭典」など25のプログラムを実施予定(宮崎市ホームページ(外部サイトへリンク)
  • 都城市では、「御池の龍伝説アートプロジェクト」や「都城市3館周年記念特別展」など10のプログラムを実施予定(都城市ホームページ(外部サイトへリンク)
  • 延岡市では、「いけばな小原流『のべおか秋色のおもてなし』」や「『おいしいのべおか』”食”探訪」など17のプログラムを実施予定
  • 日南市では、「連句の祭典」や「DENKEN WEEK2021」など5のプログラムを実施予定
  • 小林市では、「将棋チャレンジフェスティバル」や「小林市郷土芸能フェスティバル」など3のプログラムを実施予定(小林市ホームページ(外部サイトへリンク)
  • 日向市では、「日向のお国自慢大集合!展」や「お船出ものがたり異聞」など9のプログラムを実施予定(日向市ホームページ(外部サイトへリンク)
  • 串間市では、「南浦文之とそれに関わる高僧・櫛間院龍源寺の国際フォーラム」を実施予定(串間市ホームページ(外部サイトへリンク)
  • 西都市では、「西都『まっぽす』神楽~源流と変化の共演~」や「日本遺産のまち西都を巡るサイクルフォトラリー」など3のプログラムを実施予定
  • えびの市では、「企画展『古墳時代を駆けた島内武人』講演会『島内武人とヤマト政権』」や「茶の湯フェスティバル『ひなた』の茶inえびの」を実施予定
  • 三股町では、「みまた、まちとひとの演劇フェスティバル」や「三股町芸能発表会」を実施予定
  • 高原町では、「郷土芸能祭~砂の世界とともに未来へつなぐ伝統~」を実施予定
  • 国富町では、「くにとみアートプロジェクト」や「演劇『泣き虫伊兵衛完結編』」など3のプログラムを実施予定
  • 綾町では、「エコパーク関連事業」(未定)を実施予定
  • 高鍋町では、「~歴史彩る~高鍋の城址!日本の城址!写真展」や「みんなで楽しむいけばなの祭典」を実施予定
  • 新富町では、「宵がたり×新富町民朗読劇」や「国民文化祭記念講演会」を実施予定
  • 西米良村では、「米良山神楽の祭典~古より紡がれてきた米良の絆~」を実施予定
  • 木城町では、「『高城合戦』」や「千年王国」を実施予定
  • 川南町では、「かわみなみサマーコンサート」や「川南町文化芸術展」を実施予定
  • 都農町では、「神武ーJINMUー~はじまりの物語~」を実施予定
  • 門川町では、「神楽と民謡うたまつり」や「障がいのある人もない人も楽しめる舞台かどがわハートフルシアター&障がい者アート展」など3のプログラムを実施予定
  • 諸塚村では、「もろつかの短歌と写真展」を実施予定
  • 椎葉村では、「椎葉民俗芸能博物館特別展『椎葉神楽の世界』」を実施予定
  • 美郷町では、「森林文化サミット」を実施予定
  • 高千穂町では、「神話の源流高千穂夜神楽御祭」や「気ままに高千穂さるこっ!」を実施予定
  • 日之影町では、「日之影町伝統芸能フェスティバル」を実施予定
  • 五ヶ瀬町では、「『風流』ごかせフェスタ」を実施予定

 その他の事業

  1. 協賛事業
    国民文化祭の趣旨に賛同し、その目的に沿った、全国の自治体・文化団体・企業等が行う行事について、文化庁が協賛事業として承認
  2. 応援プログラム
    国文祭・芸文祭みやざき2020の趣旨に賛同する団体等が実施する文化事業等を応援プログラムと位置づけて相互に広報協力

 国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭とは

国民文化祭とは

国民文化祭は、全国各地で国民一般の行なっている各種の文化活動を全国的規模で発表し、競演し、交流する場を提供することにより、国民の文化活動への参加の機運を高め、新しい芸術文化の創造を促すことを狙いとした祭典です。

国民文化祭には、文化庁、開催都道府県、開催市町村及び文化団体等により実施される主催事業と、国民文化祭の趣旨に賛同した地方公共団体等が実施する協賛事業があります。

シンボルマーク

文化は人間の知恵であり、秩序ある生活との結合であります。限りなく広がる文化へのあこがれを、歓喜の人形(かた)の構成でイメージしたデザインです。日本古来の古代紫を基調に、明るさを加えて、新しい未来色のイメージにした色彩計画です。
福田繁雄(グラフィックデザイナー)

全国障害者芸術・文化祭とは

全国障害者芸術・文化祭は、障がい者の芸術及び文化活動への参加を通して、障がい者本人の生きがいや自信を創出し、障がい者の自立と社会参加を促進するとともに、障がいに対する国民及び県民の理解と認識を深めるため、全国持ち回りで開催しているものです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。