トップ > しごと・産業 > 林業 > 生産・利用・流通 > 平成27年度大径材資源循環活用促進モデル事業の募集について(終了しました)

ここから本文です。

更新日:2015年7月2日

平成27年度大径材資源循環活用促進モデル事業の募集について(終了しました)

森林資源の循環利用を推進することによる低炭素社会の実現や林業・木材産業の活性化を図ることを目的に、県産大径材(丸太の細い方の直径が30センチメートル以上のものをいう。)を利用した普及性の高い非住宅施設等の木造化・木質化の支援等を行なうため、標記補助事業を募集しています。

下記の「1.募集要領」をお読みになり事業実施を希望される場合は、「2.事業計画書(募集用)(Excelファイル)」及び関係資料等を宮崎県西臼杵支庁又は各農林振興局の林務課に提出してください。

募集は、毎月15日及び月末に締め切り、予算額に達した時点で終了します。ただし、最終締め切りは平成27年12月25日(金曜日)までとなります。

募集概要

第1募集する事業概要

1事業内容

大径材(丸太の細い方の直径が30センチメートル以上のものをいう。)を活用した製材品を使用し、工事完成後において当該部材を目視できる非住宅施設、設備及び知事が必要と認める施設(ただし、住宅産業併用施設は除く。以下同じ。)の整備費のうち、県産材かつ合法木材であることを証明できる大径材を活用した資材に対して助成します。

2補助対象者

大径材利用法人(県産大径材を利用する法人格のある民間事業者)
市町村、公益法人、組合等の団体、NPO等(NPO法人・地縁団体・ボランティア団体等の非営利民間組織)は補助対象となりません。

3補助率

建築等資材に要する経費の3分の1以内(補助金の上限額200万円、下限額30万円)

4別途実施要領に定める要件(次の要件を全て満たす施設等)

  • 大径材を活用した製材品を使用し、工事完成後において当該部材が目視できる施設等
  • 補助事業実施年度内に、竣工が確実と見込まれる施設等
  • 補助事業実施年度内に、当該施設等の施工途中又は竣工後に現場見学会や内覧会等を実施可能な施設等
  • 施設の木造・木質化に関し、普及・汎用性が高いと知事が認めるモデル的な施設等

第2募集期間

募集は、毎月15日及び月末に締め切り、予算額に達した時点で終了します。ただし、最終締め切りは平成27年12月25日(金曜日)までとなります。

事業実施を希望される場合は、西臼杵支庁又は各農林振興局の林務課へ別添の「2.事業計画書(募集用)(Excelファイル)」及び関係資料等を提出してください。なお、詳細につきましては、下記「1.募集要領(PDFファイル)」をご覧ください。

要綱様式等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部山村・木材振興課みやざきスギ活用推進室 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7156

ファクス:0985-28-1699

メールアドレス:miyazaki-sugi@pref.miyazaki.lg.jp