イベント情報

ホーム > イベントカレンダー > <終了>神話のふるさと講演会「美しき日本 宮崎」~神話の源流"みやざき"へのいざない~

ここから本文です。

更新日:2021年9月7日

<終了>神話のふるさと講演会「美しき日本 宮崎」~神話の源流"みやざき"へのいざない~

ふるさと講演会

ジャンル 神話・民俗・歴史|美術|伝統|生活文化|文化一般
エリア 宮崎市
バリアフリー 出入り口には段差がない・スロープがある|施設内通路には段差がない・スロープがある|手話通訳の対応が可能である|音声・点字案内がある|授乳室がある|車いす用観覧席がある|おもいやり駐車場がある|多目的トイレがある|オストメイトがある
開催日

2021年9月5日(日曜日)

開催時間 14時00分から16時30分
会場 メディキット県民文化センター演劇ホール

kawase

nagase

概要

観覧募集を終了しました。
たくさんの御応募ありがとうございました。


「美しき日本」宮崎
~神話の源流"みやざき"へのいざない~

神話に彩られた宮崎の原風景を映像化してきた東京五輪公式映画監督の河瀨直美氏と、写真家としても活躍する宮崎県出身俳優の永瀬正敏氏による講演会を開催します。


【出演者プロフィール】

河瀨直美
奈良県を拠点に映画を創り続け、リアリティを追求した作品は、カンヌ国際映画祭をはじめ国内外で高い評価を受ける。代表先は『殯の森』『あん』『光』『朝が来る』など。
世界に表現活動を広げる一方、故郷奈良にて「なら国際映画祭」をオーガナイズしながら次世代の育成にも力を入れている。東京2020オリンピック公式映画監督、2025年大阪・関西万博プロデューサー兼シニアアドバイザー、バスケットボール女子日本リーグの会長を務める。

永瀬正敏
1966年宮崎県出身。『ションベン・ライダー』(83)で映画デビュー。『息子』(91)で国内の映画賞を総なめに。カンヌ国際映画祭・最優秀芸術貢献賞作『ミステリー・トレイン』(89)や金馬奨(台湾アカデミー賞)で中華圏以外の俳優として初めて主演男優賞にノミネートされた『KANO』(15)など、海外作品にも多数出演。また、出演作『あん』(15)、『パターソン』(16)、『光』(17)がカンヌ国際映画祭に3年連続で公式選出された初のアジア人俳優となった。2018年芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

日時

開催日

2021年9月5日(日曜日)

開催時間

14時00分から16時30分

会場

メディキット県民文化センター演劇ホール

住所 〒880-0031宮崎県宮崎市船塚3丁目210
ホームページ メディキット県民文化センター(外部サイトへリンク)

開催要項等

募集人数

最大550名

費用

参加無料(要申込)
応募者多数の場合、抽選となります。

申込

以下のいずれかの方法によりお申込ください。

「神話ふるさと講演会」事務局

(1)電話:0985-77-5555
担当者が対応いたします。参加希望者名(2名まで)・郵便番号・住所・電話番号をお伝えください

(2)ファックス:0985-25-5115
参加希望者名(2名まで)・郵便番号・住所・電話番号・申込者のFAX番号をご記入の上、お申込みください

(3)ウェブ
下記リンクの「ウェブ申込(神話のふるさと講演会)」をご覧ください。

問い合わせ先・詳細情報

主催(問い合わせ先) 第35回国民文化祭、第20回全国障害者芸術・文化祭宮崎県実行委員会
主管課 宮崎県総合政策部国民文化祭・障害者芸術文化祭課

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。