トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 国文祭・芸文祭みやざき2020 > 広報アンバサダー・動画コンテンツ(特設ページ)

ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

広報アンバサダー・動画コンテンツ(特設ページ)

広報アンバサダー

本県に縁(ゆかり)のある著名人を、国文祭・芸文祭みやざき2020広報アンバサダーとして委嘱し、各自のフィールドで当該大会のPRをお願いしております。

アルケミスト(歌手|委嘱日:令和元年10月10日)

アルケミストさん

アルケミストのコメント

  • こんやしょうたろう様(写真中央・ボーカル担当・宮崎県出身)
  • 井尻慶太様(写真右・ピアノ担当・神奈川県出身)

広報アンバサダー就任については「名刺を配って県外の皆さんにPRしたいです」。

また、アルケミストが作詞作曲した大会イメージソング『ひなたの真ん中で』については、

「歌詞には、宮崎のいろんな良いところをちりばめました。サビにも出てくる、何でもない”石ころ”から文化が広がっていく気がします。

子どもたちには、そんな”気づき”を見つけてほしいです。また、大会イメージソングが皆さんに歌われていって、歌が育っていくことを願っています。

僕たちも負けないように歌いこんでいきたいです」。

野田あすか様(ピアニスト|委嘱日:令和2年1月24日)

野田あすかさん

野田あすか様のコメント

「国文祭・芸文祭には多くの人が参加されると思います。私はみんなに光が差すといいなと思い、『ココロノイロ』をつくりました。

国文祭・芸文祭が宮崎らしいあたたかな心を感じられるような大会になるよう私も楽しみながらがんばります!」

俵万智様(歌人|委嘱日:令和2年3月9日)

俵万智さん

俵万智様のコメント

「宮崎には神楽をはじめとして、素晴らしい文化がたくさんあります。また若山牧水が育った土地でもあります。食も充実しています。

この大会をきっかけに、宮崎の文化の魅力を県内外に発信し、地元の人にもその素晴らしさを再認識していただきたいです。

特に子どもたちに、大会を味わって、楽しんでもらって、新しい文化の担い手に育っていってもらえたらと思います。

私も、一県民として楽しみにしています。是非みんなで盛り上げていきましょう!」

山内達哉様(ヴァイオリニスト|委嘱日:令和2年12月11日)

山内達哉様

山内達哉様のコメント

「宮崎は豊かな山、海に囲まれ、もちろん人も温かいですし、私がいま東京に行なって、宮崎を離れているからこそ気づく、

宮崎の魅力もたくさんありました。宮崎は歴史も文化も深いところです。

これからたくさんさらに探究していきたいと思いますので、皆様と一緒にこの大会を盛り上げていければと思っています。

どうぞよろしくお願い致します!」

動画コンテンツ

映像を通して、みやざき大会について理解を深めていただくために、動画コンテンツの特設ページを作りました。

テレビCM

「一瞬一瞬の輝き篇」(令和2年3月18日公開)

幅広い年代の方に大会を知っていただき、大会への期待感をさらに高めていただくため、今回初めて大会PRのためのCMを制作しました。3月18日(水曜)~3月31日(火曜)の間、UMKとMRTの民放各社で放送されました。Youtubeでもご覧いただけます。

注目ポイント:

  • 神楽、太鼓、バレエ、バイオリン、絵画など、様々な文化に取り組む人の集中している姿、楽しんでいる姿、輝く姿の一瞬を切り取り、15秒のCMとして制作しております。

「魂が躍る篇」(令和2年10月17日公開)

「国文祭・芸文祭みやざき2020」は会期を変更し、令和3年7月3日から10月17日の会期で開催することとなりました。

幅広い年代の方に大会を知っていただき、大会本番への期待感を高めていただくことを目的として、大会CMを制作しました。10月17日(土曜)~11月1日(日曜)の間、UMKテレビ宮崎とMRT宮崎放送の民放各社で放送されました。Youtubeでもご覧いただけます。

注目ポイント

  • 国文祭・芸文祭という名のステージは、各芸術家、表現者の皆様が日々磨きをかけ、燃やし続けてきた芸の「魂が躍る」場所ともいえます。
  • 芸術家や表現者の魂である、楽器などのアイテム(道具)が、青空という国文祭・芸文祭のステージで軽やかに舞い上がり、躍り、そして最後に花開くという演出にすることで、文化・芸術の「自由」や「開放感」を表現しました。

大会CMのメイキング映像は「国文祭・芸文祭みやざき2020大会CM(魂が躍る篇)のメイキング映像について」から御覧ください。

PR動画

県民の皆様に映像を通じて大会のイメージをお伝えするとともに、大会に向けた気運をより一層高めるため、PR動画を制作しました。

動画には、大会本番に出演する文化団体の皆様にもご出演いただいています。ぜひご覧ください!

ご出演いただいた文化団体の皆さま

宮崎県太鼓連合、宮崎県一般吹奏楽、都城少年少女合唱団、ひむかオペラの会、延岡フィルハーモニー管弦楽団、

宮崎将棋道場子ども将棋教室、みやざき◎まあるい劇場

1.手話・字幕なし

2.手話・字幕あり

大会イメージソング振付動画

子どもから年配の方まで幅広い年代の方に大会を知っていただき、大会に親しんでもらうため、大会イメージソングを活用した振付動画を制作しました。発表会や運動会などさまざまな用途で活用していただければと思います。

注目ポイント:振付の中で、サビの部分(冒頭の0分21秒から0分41秒、1番の1分29秒から1分53秒、2番の2分36秒から3分1秒、最後の3分38秒から4分00秒)には手話が取り入れられています。

大会出演者からのメッセージ

松田丈志さん

本県出身のスポーツジャーナリストで、開会式では総合司会を務めていただく松田丈志さんからのメッセージ動画です。

なお、松田丈志さんには、令和3年9月23日(木曜日・祝)「食文化シンポジウム」にご出演いただく予定です。

野田あすかさん

本県出身のピアニストで、開会式等でもご出演予定の野田あすかさんからのメッセージ動画です。

なお、野田あすかさんには、令和3年8月22日(日曜日)「第40回わたぼうし宮崎コンサート2020」にご出演いただく予定です。

吉田類さん

酒場詩人でおなじみの吉田類さんからのメッセージ動画です。

なお、吉田類さんには、令和3年8月28日(土曜日)~29日(日曜日)「だれやみ文化大学」にご出演いただく予定です。

池上彰さん

「いい質問ですね!」でおなじみのジャーナリスト池上彰さんからのメッセージ動画です。

なお、池上彰さんには、令和3年9月12日(日曜日)に「ぼくが記者になったわけ~若者たちへ~」と題した記念講演を行なっていただく予定です。

アルケミスト

大会広報アンバサダーで、大会イメージソング「ひなたの真ん中で」でおなじみの歌手アルケミストからのメッセージ動画です。

なお、アルケミストには、令和3年9月3日(金曜日)「アルケミストと行く!ひなたの真ん中ツアー」にご参加いただく予定です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。