トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業経営・技術 > 平成29年度宮崎県普及指導活動外部評価

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年3月20日

平成29年度宮崎県普及指導活動外部評価

1.目的

同農業普及事業に係る普及指導活動について、より農業者のニーズに対応し、高い成果を創出するものとするため、先進的な農業者や農業関係団体、マスコミ等による外部評価を実施することで、幅広く客観的な視点を参考にして今後の普及指導活動計画の改善に資する。

2.外部評価の対象

(1)普及指導体制

及指導活動の体制として、組織体制や人員の動向、普及指導員の資質向上の取組等 

注意:今年度は、組織改編や関係規則改正等がなかったため、実施要領に基づき評価対象としていない。

(2)普及指導活動計画

年度は、東臼杵南部、東臼杵北部、西臼杵農業改良普及センターの普及指導活動計画を評価(県内8普及センターの普及指導計画を概ね3年に1回評価)。

  • 東臼杵南部農業改良普及センター:基本プロジェクト2課題
  • 東臼杵北部農業改良普及センター:基本プロジェクト1課題、専門プロジェクト1課題
  • 西臼杵農業改良普及センター:基本プロジェクト1課題、専門プロジェクト1課題

3.実施内容

外部評価対象の普及指導活動計画に係る現地調査と活動状況の報告・質疑を行うとともに、後日委員から提出のあった評価票に基づき、平成30年度以降の普及指導活動計画等への反映について検討を行なった。

(1回目)

  • (1)日時:平成29年11月20日(月曜日)午前11時から午後3時まで
  • (2)場所:現地及び西臼杵農業改良普及センター
  • (3)内容
    • 地域農業及び普及指導活動計画の概要
    • 普及指導活動の実施状況

(2回目)

  • (1)日時:平成29年12月13日(水曜日)午前10時から午後3時30分まで
  • (2)場所:現地及び東臼杵北部農業改良普及センター
  • (3)内容
    • 地域農業及び普及指導活動計画の概要
    • 普及指導活動の実施状況

4.外部評価の視点

(1)普及指導体制

及指導活動の体制として、組織体制や人員の動向、普及指導員の資質向上の取組等

(2)普及指導活動計画

  • ア.計画の評価
    • 農業・農村の現状や課題を解決する計画となっているか。
    • 到達目標の設定は適切か。
    • 普及課題の設定は適切か。
    • 普及センター内の連携はとられているか。他
  • イ.活動の評価
    • 課題解決のために効率的な手法を用いた活動が行われているか。
    • 担い手育成や農業経営の視点等を含んだ活動がされているか。
    • 関係機関との連携や役割分担がされたか。他
  • ウ.成果の評価
    • 到達目標が達成されているか(達成が見込まれるか)。
    • 地域全体への波及が期待できるか。他

5.外部評価委員

  • 先進的な農業者:宮崎県農業経営指導士会会長
  • 若手・女性農業者:宮崎県農業経営指導士会副会長
  • 農業者団体:宮崎県農業協同組合中央会専務理事
  • 消費者:生活協同組合コープみやざき会長
  • 学識経験者:宮崎大学農学部教授
  • マスコミ:宮崎日日新聞社報道部次長
  • 民間企業:みやぎん経済研究所常務理事

6.評価内容と主な意見

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部農業経営支援課普及企画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7131

ファクス:0985-26-7325

メールアドレス:nogyokeieishien@pref.miyazaki.lg.jp