トップ > しごと・産業 > フードビジネス > フードビジネス事業案内 > みやざきフードリサーチフォーラム2015in東京

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2014年12月18日

みやざきフードリサーチフォーラム2015in東京

宮崎県では独自の残留農薬分析技術、機能性分析技術を有しており、これらの高度化、応用、人材育成を目指して、産学官が連携して研究する組織「みやざきフードリサーチコンソーシアム(みやざきFRC)」を設立しています。
このたび、近年関心の高まっている食品の残留農薬や機能性成分に関してみやざきFRCの取組を紹介するとともに、国内を代表する講演者をお招きしたフォーラムを開催します。
新たな取組や研究を検討いただく「きっかけづくり」の場として、是非ご参加ください。

 1.日時・場所

平成27年1月29日(木曜)10時00分~16時20分
政策研究大学院大学 想海樓(そうかいろう)ホール
(東京都港区六本木7-22-1)

 2.プログラム

時間

内容

10時00分~10時15分

開会挨拶
宮崎県知事

10時15分~10時50分
取組紹介1

宮崎県の食の安全確保に向けた取組と超臨界流体を活用した分析システム

宮崎県総合農業試験場生産流通部 安藤孝 部長

(株)島津製作所 LCビジネスユニット 舟田康裕 課長

10時50分~11時50分
基調講演I

メタボロミクスの食品・生薬機能解析への応用
大阪大学工学研究科 教授 福崎英一郎 先生

11時50分~12時50分

休憩

12時50分~13時50分
基調講演II

食品の機能性研究と新たな表示制度
(独)農研機構 食品総合研究所 所長 大谷敏郎 先生

13時50分~14時25分
取組紹介2

科学者の目を持った八百屋の取り組み
デリカフーズ(株) 丹羽真清 社長

14時25分~14時35分

休憩

14時35分~15時10分
取組紹介3

きんかんの機能性研究成果
宮崎大学農学部 水光正仁 教授

15時10分~15時45分
取組紹介4

食品検査の現状と今後の取組
(一財)日本冷凍食品検査協会 事業本部 長崎俊夫 副本部長

15時45分~16時15分
取組紹介5

宮崎県の魅力再発見!(仮)
宮崎県東京事務所

16時15分~16時20分

閉会挨拶

みやざきFRC関連展示(設置予定時間:9時30分~16時00分)
みやざきFRCに参画する企業・団体等によります、取組紹介の展示ブースを設置しますので、こちらも是非ご覧ください。

 3.参加費

参加費は無料。
会場の定員は300名までです。

 4.参加申込方法

  • 参加を希望される方は、宮崎県電子申請システムにより、お申し込みください。
  • 下記のリンクから、電子申請システムの画面を表示し、「利用者登録をせずに申し込む方はこちら」をクリックすると、入力画面へ移動しますので、必要事項を入力してください。
  • なお、定員に達し次第、受け付け終了となります。ご了承ください。

宮崎県電子申請システム 「みやざきフードリサーチフォーラム2015in東京 参加申込」
https://s-kantan.com/pref-miyazaki-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=467(外部サイトへリンク)

(スマートフォン、携帯をお持ちの方は、QRコードからのアクセスも可能です)

QRコード

 5.案内資料のダウンロード

フォーラム開催案内

フォーラム開催案内(PDF:394KB)

 6.関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部農政企画課農政計画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7426

ファクス:0985-26-7307

メールアドレス:noseikikaku@pref.miyazaki.lg.jp