トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業全般・計画 > 「市町村別農業産出額(宮崎県)」について

ここから本文です。

更新日:2018年4月9日

「市町村別農業産出額(宮崎県)」について

市町村別農業産出額(宮崎県)の公表

町村別農業産出額につきましては、平成18年まで農林水産省が公表してきましたが、平成19年から作成が廃止されたことに伴い、平成24年から平成26年までに関し、県独自の試算・公表を行なってきたところです。

方で、農林水産省では、都道府県や市町村等からの要請を受け、平成26年分から改めて公表を再開し、平成26年分については、平成28年12月22日に農林水産省ホームページに掲載しました。

これを受け、平成26年以降の市町村別農業産出額については、県といたしましては国統計に依ることとし、平成27年以降について県独自の試算・公表は行わないこととしました。

なお、平成26年市町村別農業産出額(宮崎県)に関しては、県は既にホームページで公表していることから、2者の統計が存在することとなりますが、両者には算出方法の違いがありますので、御理解の上、御活用くださるようお願いします。

農林水産省公表(平成26年~)

  • (1)平成18年以前は、市町村別に品目別生産量及び平均価格から直接推計していましたが、平成26年以降は、主として、都道府県別の産出額を基に、2015農林業センサスの結果に基づく市町村別の面積や飼養頭数のシェアを用いて按分しています。
  • (2)このため、生産量には、市町村毎の単収の差は反映されておらず、また、価格には、地域特産品等による市町村毎の価格差は加味されていません。
  • (3)また、諸元のない品目(子豚、ひな、種卵、荒茶、千切だいこん等の加工農産物)は、市町村別の農業産出額を算出していないため、市町村の合計が県計とは一致しません。
  • (4)詳細につきましては、農林水産省ホームページで御確認ください。

宮崎県公表(平成24年~平成26年)

  • (1)原則として、農林水産省公表の都道府県別農業産出額を、農林水産省公表の市町村別生産量や市町村調べの販売額等を基にした部門毎の市町村別シェアで按分しており、品目単位で市町村ごとに積み上げたものではありません。
  • (2)各市町村ごとの「耕種の小計」と「畜産の小計」には、非表示の「種苗・苗木類・その他」と「その他畜産物」がそれぞれ加算されているため、品目の合計額が小計と一致しない場合があります。
  • (3)「鶏」には、非表示の「その他鶏(種鶏・地鶏等)」が加算されているため、「鶏卵」と「ブロイラー」の合計額は「鶏」の計と一致しない場合があります。
  • (4)平成18年まで農林水産省が公表していた市町村別農業産出額や、平成19年以降に市町村が独自に集計していた産出額とは計算方法が異なるため、利用に当たっては注意が必要です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部農政企画課農政計画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7123

ファクス:0985-26-7307

メールアドレス:noseikikaku@pref.miyazaki.lg.jp