トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業全般・計画 > 平成29年度第2回宮崎県農政審議会議事録

ここから本文です。

更新日:2018年3月26日

平成29年度第2回宮崎県農政審議会議事録

平成29年度第2回宮崎県農政審議会議事録についてお知らせします。

会議の概要

1.日時

平成30年2月16日午前10時から午前11時30分まで

2.場所

宮崎県庁附属棟3階301号室

3.出席者

  • (1)審議員(20名のうち、16名が出席)
    市原ツユミ審議員、大脇直美審議員、奥村千扶子審議員、香川浩彦審議員、久家洋子審議員、工藤悟審議員、黒木定藏審議員、児玉亜沙美審議員、後藤ミホ審議員、篠原久仁子審議員、新森雄吾審議員、瀬戸口みつ子審議員、永倉智子審議員、長友順子審議員、福良公一審議員、丸目賢一審議員
  • (2)宮崎県
    農政水産部長、県参事兼農政水産部次長(農政)、次長(総括)、畜産新生推進局長、関係課(室)長、監

4.会長選出

任期満了に伴う審議員の改選後、初めての審議会のため、互選によって会長を選出。その結果、町村会会長である黒木審議員が選出された。

5.議事

  • 審議事項
    • 農村地域への産業の導入に関する基本計画について
  • 報告事項
    1. 本県の平成28年農業産出額について
    2. 平成30年度の農政水産部の重点的な取組について

6.要旨

(1)審議事項について

農村計画課長から説明を行い、審議員から意見をいただいた。

主な意見は、以下のとおり。

  • 担い手の育成・確保を大事にしていただき、新規就農者の確保等を図ってほしい。
  • 農村地域への産業の導入に伴い増加する労働力の需要に対して、「農業従事者からの労働力を重点的に充てる」という文言については、地域の農業者を減少させるとも受け取れるような、誤解を招きかねない表現のため、修正をお願いしたい。
  • 「環境の保全等」についての記載の中に、安全性の確保といった観点も入れていただきたい。

(2)報告事項1について

農政企画課長から説明を行い、審議員から意見をいただいた。

主な意見は、以下のとおり。

  • 農業産出額が伸びたことについては、喜ばしいことであるが、TPP及びEPAの影響等により、今後は減少していく懸念もある。産出額が今後も安定して伸びていくよう、行政の対応をしっかりお願いしたい。
  • 家族農業を支えていかなければ、自給率どころか農村の産地は無くなってしまうため、家族農業を大事にした施策も行なっていただきたい。
  • 新規就農者への支援は充実しているような印象は受けるが、後継者(親元就農)への支援が少ないと感じているため、後継者支援もお願いしたい。
  • 農産物の価格が安定しないことが悩み。零細農家のための支援をお願いしたい。
  • 収入保険制度について、実態がつかめていないのが現状。行政、関係団体が情報を整理し、農家への説明・指導をお願いしたい。

(3)報告事項2について

関係課長から説明を行い、審議員から意見をいただいた。

主な意見は、以下のとおり。

  • 水田においての輪作だけでなく、主食用米の需給調整もしっかり行えるよう、国に対しての要請活動にも力を入れていただきたい。
  • 最近は、農業大学校の頑張りがとても顕著であり、良い担い手が育っていると感じている。引き続き、新規就農者育成に力を入れていただきたい。
  • 農業を取り巻く環境の変化に伴い、関係機関の連携が強まっていると感じている。このような中、都城農業高校が取り組んでいる「デュアルシステム」のように、学校だけでなく地域においての研修も行うような取組がさらに広まればと考えている。
  • 飼料米を作っているが、宮崎では飼料米の供給先がないため、大分に提供している。宮崎でも飼料米を提供できるような体制づくりをお願いしたい。
  • 飼料用米の増加に伴い、主食用米が減ってきていることに危機感を感じている。宮崎のおいしい米をもっと全国に提供できる体制づくりも行なっていただきたい。
  • いろいろな施策が展開されているが、このような取組について、農家への周知を図ることが一番大切だと考えている。新規就農される若い農家から高齢農家にまで、分かりやすく伝えることを心掛けていただきたい。

7.会議資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部農政企画課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7426

ファクス:0985-26-7307

メールアドレス:noseikikaku@pref.miyazaki.lg.jp