トップ > 暮らし・教育 > 防災 > 火山災害情報 > 霧島山(新燃岳)噴火に伴う降灰による土石流に対する警戒避難について

ここから本文です。

更新日:2011年11月2日

霧島山(新燃岳)噴火に伴う降灰による土石流に対する警戒避難について

 

1 土砂災害が想定される区域及び時期(国土交通省九州地方整備局)

 

(1) 「土砂災害が想定される区域」(国土交通省九州地方整備局 平成23年11月2日見直し)

 国土交通省九州地方整備局は、新燃岳周辺の土石流の発生条件に関する調査の結果をふまえ、土砂災害が想定される区域を以下のとおり見直しています。

 

(2)「土砂災害が想定される時期」(国土交通省九州地方整備局 平成23年11月2日見直し)

 国土交通省九州地方整備局は、新燃岳周辺の土石流の発生条件に関する調査の結果をふまえ、土砂災害が想定される時期を以下のとおり見直しています。

  • 「都城市または高原町に土砂災害警戒情報が発表されたとき」に見直し

 

2 警戒避難のための気象情報の提供(宮崎地方気象台 2月10日運用)

 宮崎地方気象台は、国が定めた基準雨量を超過することを予測した場合、「霧島山(新燃岳)周辺の雨に関する宮崎県気象情報」を発表し、関係行政機関に対する警戒避難体制強化の注意喚起を促します。

「宮崎県気象情報」は、警報・注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報・注意報を補完するための情報であり、警報や注意報などと同じように関係行政機関、都道府県や市町村へ伝えられ、防災活動等に利用されるほか、報道機関などを通じて地域住民の方々へ伝えられます。

また、新燃岳周辺の気象状況について「災害時支援資料」を1日2回提供しています。(概ね1日先までの時間雨量を予測)


 

3 緊急土石流対策について

別添図面のとおり、緊急土石流対策が5月末で概ね完了しました。

しかしながら、あくまで応急対策であり万全な対策ということではありませんので、引き続き降雨時の土石流に対する留意が必要です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部砂防課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7187

ファクス:0985-28-9981

メールアドレス:sabo@pref.miyazaki.lg.jp