トップ > 社会基盤 > 河川・砂防・港湾 > 砂防 > 土砂災害に関する防災訓練について

ここから本文です。

更新日:2018年11月14日

土砂災害に関する防災訓練について

土砂災害警戒区域等において、住民参加による実践的な訓練を行うことで、土砂災害に対する警戒避難体制の強化と防災意識の向上を目指しています。

  • 情報伝達訓練
    土砂災害警戒情報を活用した避難勧告等の発令や避難勧告等の住民への伝達など、県や市町村、地方気象台、消防関係部局、住民等を対象とした土砂災害警戒避難に係る情報伝達に関する訓練
  • 避難訓練
    土砂災害警戒情報やその補足情報など土砂災害に関する情報を活用し、避難対象地域の特定や早期の住民避難を行うための訓練
  • その他訓練
    消防、自衛隊等による孤立集落からの住民救出訓練や、砂防ボランティア等の協力による地震後の土砂災害危険箇所等の緊急点検など

1.土砂災害・全国防災訓練

毎年6月の土砂災害防止月間の取組の一環として「土砂災害・全国防災訓練」を平成18年度から実施しています。

平成30年度は6月3日(日曜日)に実施され、県内9市町村が同日に訓練を実施しました。

2.土砂災害に関する防災訓練(10月末時点)

1.の全国統一の土砂災害・全国防災訓練とは別に、10月末時点で県内15市町村(1.の実施市町村を除く)で実施されています。

3.訓練実施状況

要配慮者利用施設における訓練

子どもたちの避難訓練

住民の避難訓練

避難行動要支援者の避難訓練

災害危険箇所点検

孤立集落からドクターヘリを利用した
負傷者の搬送訓練

お問い合わせ

県土整備部砂防課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7187

ファクス:0985-28-9981

メールアドレス:sabo@pref.miyazaki.lg.jp