トップ > 暮らし・教育 > NPO・ボランティア・協働 > ボランティア活動 > 令和2年7月豪雨災害に対するボランティア活動のための車両等の高速道路等の有料道路の無料措置について

ここから本文です。

更新日:2021年1月9日

令和2年7月豪雨災害に対するボランティア活動のための車両等の高速道路等の有料道路の無料措置について

令和2年7月豪雨の被災地支援ボランティアを目的とする車両においては、高速道路等有料道路の入退場の際に「ボランティア車両証明書」を料金所に提出することにより、有料道路の通行料金について無料とする措置が講じられます。

熊本県では、人吉市、八代市、球磨村、芦北町で災害ボランティアセンターが設置されており、人吉市災害ボランティアセンターにつきましては、九州在住の方の受け入れを開始しております。

参加については、事前登録制にしている災害ボランティアセンターもあり、参加要件も定められていますので、事前に被災地の災害ボランティアセンターのホームページ等でご確認下さい。

現在の災害ボランティア募集情報は、全社協被災地支援・災害ボランティア情報(外部サイトへリンク)をご確認ください。

なお、災害ボランティア車両の高速道路の無料措置については、手続きが簡素化されています。

詳しくは、各道路管理会社のホームページでご確認下さい。

対象車両

災害ボランティア活動であって、被災した以下の自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

  1. 人吉市災害ボランティアセンター
  2. 八代市災害ボランティアセンター、球磨村災害ボランティアセンター、芦北町ボランティアセンター

対象道路

上記対象車両1.に該当する車両

  • 西日本高速道路株式会社(九州内)
  • 宮崎県、熊本県、福岡県、佐賀県、長崎県、鹿児島県の各県道路公社
  • 福岡北九州高速道路公社

上記対象車両2.に該当する車両

  • 西日本高速道路株式会社(熊本県内)
  • 熊本県道路公社

お問い合わせ

総合政策部生活・協働・男女参画課協働推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7048

ファクス:0985-20-2221

メールアドレス:seikatsu-kyodo-danjo@pref.miyazaki.lg.jp