トップ > 暮らし・教育 > 消費生活 > トラブル・行政処分情報 > 【注意喚起】SMSを用いて未納料金の名目で金銭を支払わせようとする「ヤフー株式会社をかたる架空請求」について

ここから本文です。

更新日:2018年1月10日

【注意喚起】SMSを用いて未納料金の名目で金銭を支払わせようとする「ヤフー株式会社をかたる架空請求」について

消費者の携帯電話に「未納料金を滞納しております。ご連絡なき場合は法的手続きに移ります。ヤフー。」などと記載したSMS(ショートメッセージサービス)を送信し、SMSに記載された電話番号に連絡してきた消費者に「お客様は1年間のヤフーのご利用にあたって、料金を●万円滞納されています。」、「支払方法はお近くのコンビニエンスストアでギフトカードを買って、そのギフト券番号を教えてください。」などと告げ、インターネットサイトの有料サービス等の未納料金の名目で金銭を支払わせようとする架空請求に係る相談が、各地の消費生活センター等に寄せられています。

「ヤフー」、「ヤフーサポートセンター」、「ヤフージャパン」、「ヤフーカスタマーセンター」など、インターネットを利用した情報提供、オークション等の事業を営む実在する事業者であるヤフー株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町1番3号)と類似の名称を用いていますが、実在するヤフー株式会社及びその関係会社は、本件とは全く無関係です。

細は、次の文書をご覧ください。

消費者の皆様へ

  • ヤフーの名前で「未納料金を支払え」というSMSを送信するのは詐欺の手口です。実在するヤフー株式会社は、同社の有料サービスの料金未納者への連絡にSMSを利用することはなく、未納料金の支払方法として利用者にギフト券を購入させてその番号を連絡させることもありません。こうした要求には絶対に応じないようにしましょう。
  • 「本日中に連絡がなければ法的手続きに移行します。」というSMSは典型的な詐欺の手口です。絶対に連絡しないようにしましょう。なお、訴訟等の法的手続きへの移行が予定されている場合、あらかじめ書面による通知がなされるのが一般的です。前述のようなSMSは、相手を脅かし、せき立てて冷静な判断力を失わせようという典型的な詐欺の手口です。
  • 「ギフト券を購入してカード番号を連絡しろ」というのは典型的な詐欺の手口です。絶対に応じないようにしましょう。
  • 事業者からの請求に一度でも応じてしまうと、それ以降も、金銭の支払を請求されるおそれがあります。請求内容に正当な根拠のない請求には、絶対に応じないようにしましょう。
  • このようなSMSや電話での要求に不審な点があった場合は、その要求に応じる前に、最寄りの警察署や消費生活センター、お近くの市町村の相談窓口などに相談してください。

消費者ホットライン

寄りの消費生活センター等を御案内します。

  • 電話番号:188

警察相談専用電話

  • 電話番号:♯9110

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部生活・協働・男女参画課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7054

ファクス:0985-20-2221

メールアドレス:seikatsu-kyodo-danjo@pref.miyazaki.lg.jp