トップ > 健康・福祉 > 社会福祉 > 援護・恩給 > 戦争体験者の「語り」を収録したDVDの貸出しを行なっています

ここから本文です。

更新日:2019年4月15日

戦争体験者の「語り」を収録したDVDの貸出しを行なっています

戦争の悲惨さや平和の尊さを受け継いでいくために、先の大戦を実際に体験した方が「語り部」として、その体験を語る姿を映像として記録したDVDを作成しています。

のDVDは県内の小・中・高校、大学へ配布しており、また、県でも、御希望の皆様へこのDVDの貸出しを行なっています。

1.タイトル

「語り部」DVDパッケージ

戦争体験「語り部」映像記録事業DVD語り継ぐ戦争と平和の尊さ
(DVD3枚組1パッケージ)

2.収録されている内容

宮崎県にお住まいの旧軍人、戦没者遺族、空襲被害者、中国残留邦人等13名の方々の戦争体験を収録しています。
それぞれの語りの収録時間は、お一人およそ20分です。

(主な収録内容)

  • 南方(ソロモン諸島、インドネシア)、満州国境での悲惨な戦闘体験や終戦後の過酷な抑留体験
  • 都城空襲、延岡空襲体験
  • 戦没者遺児として、戦死した父や兄への思い、残された家族の生活など

3.DVDの貸出しについて

  • (1)借用資格
    貸出しを受けることができるのは、日本国内に住所を有する個人、または日本国内に主たる事務所等を有する法人その他の団体です。
  • (2)借用手続き
    指導監査・援護課映像資料貸出利用申込書に必要事項を記入し、住所、氏名を確認できる公的な証明書(運転免許証、国民健康保険証など)とともに提出してください(郵送可)。
    なお、法人その他の団体が借用される場合は、担当者の住所、氏名を確認できる公的な証明書を提出してください。
  • (3)借用及び返却方法
    指導監査・援護課で直接借用及び返却を行なっていただくか、宅配便を利用していただいてもかまいません。
    ただし、宅配便を利用した場合の経費は、利用者負担となります。
  • (4)貸出期間:14日以内
  • (5)貸出本数:3本以内

4.要領及び利用申込書

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部指導監査・援護課援護恩給担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7061

ファクス:0985-26-7346

メールアドレス:shidoukansa-engo@pref.miyazaki.lg.jp