ここから本文です。

更新日:2013年4月1日

畜産新生プラン

宮崎県畜産新生プランの策定について

口蹄疫の被害を受けた畜産農家が安心して経営を再開し、また、県全体の畜産農家が経営を維持・発展させるため、さらには、畜産業が将来にわたって本県の基幹産業であり続けるためには、中長期的な視点で、「全国のモデルとなる安全・安心で付加価値や収益性の高い畜産の構築」(本県畜産の新生)に向けた取組を進める必要があります。
そこで、「宮崎県畜産新生プラン」を策定し、県として、畜産経営を取り巻く課題への対応や畜産の将来像を明確にした上で、市町村、関係団体、畜産農家との共通理解の下、有機的に連携した取組を進めていきます。

なお、県では、「口蹄疫からの再生・復興方針」や「みやざき元気プロジェクト」の取組を総括した上で、「復興から新たな成長」に向けた基本的な考え方や視点、取組を明確にし、今後の県政運営の基軸となる「復興から新たな成長に向けた基本方針」を、平成25年2月に策定したところですが、この「宮崎県畜産新生プラン」は、「復興から新たな成長に向けた基本方針」に示した「新たな成長に資する取組」の一つとして、口蹄疫からの再生・復興を進める畜産分野について、「畜産新生」の取組を具現化するものです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政水産部畜産新生推進局 畜産振興課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7140

ファクス:0985-27-3030

メールアドレス:shinsei-chikusan@pref.miyazaki.lg.jp