トップ > しごと・産業 > 畜産業 > 家畜伝染病 > 熊本県における高病原性鳥インフルエンザ発生を受けた消毒ポイントの稼働終了について(第15報)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2016年12月29日

熊本県における高病原性鳥インフルエンザ発生を受けた消毒ポイントの稼働終了について(第15報)

熊本県における高病原性鳥インフルエンザの発生を受け、防疫対策として設置していた消毒ポイントについて、熊本県の発生農場における防疫措置の完了に伴い、稼働を終了します。

◯消毒ポイントの稼働終了について

熊本県における高病原性鳥インフルエンザの発生を受け、本県防疫対策として設置していた全3箇所の消毒ポイントについて、熊本県の発生農場における防疫措置が完了したため、稼働を終了します。

  • (1)終了箇所
    1. 雲海トンネル南(えびの市)
    2. ループ橋先(熊本県高森町)
    3. 山都町長崎(熊本県山都町)
  • (2)終了日時
    • 平成28年12月29日8時

お問い合わせ

農政水産部畜産新生推進局 家畜防疫対策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7140

ファクス:0985-26-7329

メールアドレス:shinsei-kachikuboeki@pref.miyazaki.lg.jp