トップ > しごと・産業 > 畜産業 > 家畜伝染病 > 木城町における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認に係る防疫作業の進捗状況について(第8報)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年1月25日

木城町における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認に係る防疫作業の進捗状況について(第8報)

1月24日、木城町の養鶏場において、家畜伝染病「高病原性鳥インフルエンザ」の疑似患畜が確認された事例に係るこれまでの対応等については、以下のとおりです。

1.作業の経緯

【1月24日】

時間 内容
11時30分 死亡鶏の増加の通報と宮崎家畜保健衛生所による農場立入検査実施
13時30分 当該農場における簡易検査でA型インフルエンザ陽性を確認
15時30分 同家畜保健衛生所の簡易検査でA型インフルエンザ陽性を確認
17時00分 宮崎県高病原性鳥インフルエンザ対策本部会議の開催
23時05分

同家畜保健衛生所でのPCR検査で疑似患畜(H5亜型)と判定

  • 自衛隊に災害派遣要請
  • 消毒ポイントを設置し、順次稼働(9か所)

【1月25日】

時間 内容
0時35分 殺処分開始
10時00分 緊急防疫対策会議開催(関係団体、関係企業等)

2.防疫作業の状況

(1)動員

動員 第1班 第2班 第3班
現地防疫従事者(県職員) 114名 219名 139名
自衛隊主力隊 220名 220名 220名
町・関係団体等 - 2名 87名

(2)殺処分羽数(1月25日16時00分時点)

  殺処分羽数 状況
発生農場 約60,000羽 終了
関連農場 約70,000羽  
合計殺処分羽数 約130,000羽  

3.発生状況確認検査

移動制限区域内(発生農場の半径3キロメートル以内)の全ての農場(6農場)に立ち入り、ウイルス学的検査のための検査材料を採取した(検査結果判明には約4日要する)。また、家畜防疫員による臨床検査を行い、全ての農場で異常は見られなかった。

なお、搬出制限区域内(半径3~10キロメートル以内)の全ての農場(140農場)については、電話聴き取り調査を行い、これら農場においても異常の届出はなかった

お問い合わせ

農政水産部畜産新生推進局 家畜防疫対策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7140

ファクス:0985-26-7329

メールアドレス:shinsei-kachikuboeki@pref.miyazaki.lg.jp