トップ > 暮らし・教育 > 自然・環境 > 自然保護 > 重要生息地「庵川東入江」講演会・観察会の開催について

ここから本文です。

更新日:2017年7月4日

重要生息地「庵川東入江」講演会・観察会の開催について

県では、県内における野生動植物の生息地等のうち、野生動植物の分布状況、生態、その他の生息状況等を踏まえ、その野生動植物の保護のため重要と認めるものを「重要生息地」として指定し、地域の皆様とともに希少な野生動植物の保護に取り組んでいるところです。
このたび、県内10箇所目の重要生息地として昨年度指定された「庵川東入江重要生息地」に生息する希少な動植物に関する知識を深め保全意識を高めていただくため、下記のとおり講演会等を開催します。

1.開催概要

開催日時

平成29年8月22日(火曜日)

  • 講演会:午前10時30分から午前11時35分まで
  • 観察会:午後12時25分から午後14時15分まで(注意:希望者のみ)

参加費

無料

注意:観察会へ参加される方は、「3.準備物」に記載している昼食、飲み物等を持参してください。

定員

  • 講演会:先着80名
  • 観察会:先着15名

注意:観察会における小学生以下の参加については、保護者又は引率者の同伴をお願いします。

会場

川東地区多目的研修集会施設(東臼杵郡門川町庵川)

2.講演会・観察会の内容

  • 講演会:庵川東入江の概要及びそこに生息する生き物について(事前に採集しておいたカニやウミホタルの鑑賞)
  • 観察会:庵川東入江に生息する希少な生物の観察(注意:希望者のみ)

講師:宮崎大学名誉教授三浦知之氏

参考資料:開催案内(チラシ)(PDF:575KB)

3.準備物(観察会参加者のみ)

  • 昼食、飲み物
  • 濡れてもよい服装(長袖、長ズボン、帽子)注意:サンダル不可
  • 採集用具等(バケツ、スコップ、軍手、双眼鏡など)

4.観察会参加者への留意事項

  • 観察会は屋外の入江において行いますので、「3.準備物」に記載している物を必ず持参してください。注意:会場周辺に食事のできる施設はありません。
  • 観察会への参加希望者が多数の場合は、参加できない場合があります。

5.応募方法

以下の「参加申込書」に必要事項を記入のうえ、下記のお問い合わせ先まで郵送またはFAXでお送りください。(E-mailでも可能)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部自然環境課野生生物担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7291

ファクス:0985-38-8489

メールアドレス:shizen@pref.miyazaki.lg.jp