トップ > 暮らし・教育 > 自然・環境 > 自然保護 > 我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種

ここから本文です。

更新日:2016年12月2日

我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種

外来種とは

  • 外来種とは、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって(意図的・非意図的を問わず)他の地域から入ってきた生物のこと。

生態系等被害防止外来種リスト

  • 外来種のうち、特に注意が必要な外来種として、環境省と農林水産省は、侵略性が高く、我が国の生態系、人の生命・身体、農林水産業に被害を及ぼす又はそのおそれのある外来種のリスト「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト生態系被害防止外来種リスト)」を平成27年3月に策定しています。
  • このリストには、各主体(国、地方公共団体、国民など)がそれぞれの役割において積極的に駆除を行う必要のあるもの(緊急対策外来種)や各主体のそれぞれの役割における対策の必要性が高いもの(重点対策外来種)などが掲載されています。
  • また、外来生物法(「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(平成16年6月2日法律第78号))に指定された生きものは、飼育・栽培、運搬、販売、譲渡、輸入、野外に放つことなどが原則として禁止されています。

外来種による生態系等への被害を防止するために

来種による生態系等への被害を防止するには、以下の3つが最も重要です。

  • 「入れない」=悪影響を及ぼす恐れのある外来種を自然分布域から非分布域へ入れない
  • 「捨てない」=飼養・栽培している外来種を適切に管理し、捨てない(野外に逃がさない、放さない、逸出させない)
  • 「拡げない」=既に野外にいる外来種を他地域に拡げない(増やさない)

参照

境省がホームページに「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト」を掲載しておりますので、下記のホームページを参考にしてください。

特定外来生物に関する情報については、下記のホームページを参考にしてください。

お問い合わせ

環境森林部自然環境課野生生物担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7291

ファクス:0985-38-8489

メールアドレス:shizen@pref.miyazaki.lg.jp