トップ > 健康・福祉 > 障がい者 > 地域生活・自立支援 > 児童福祉法に係る障害児通所(入所)支援事業者指定及び各種届出について

ここから本文です。

更新日:2018年4月17日

児童福祉法に係る障害児通所(入所)支援事業者指定及び各種届出について

障害児通所(入所)支援事業者指定について

童福祉法に基づく障害児通所(入所)支援を提供する事業者は、児童福祉法に基づく指定を受ける必要があります。

崎市に事業所が所在する事業者は、宮崎市障がい福祉課に御相談及び申請・届出等の提出をしてください。

た、障害児相談支援については、事業所が所在の市町村障がい福祉主管課に御相談及び申請・届出等の提出をしてください。

各種申請・届出に必要な書類一覧

1.新規指定申請

規の指定申請については、宮崎県福祉保健部指導監査・援護課で受付を行います。
注意)宮崎市に事業所が所在する事業者は、宮崎市障がい福祉課、障害児相談支援については、
事業所所在地の市町村障がい福祉主管課に御相談及び申請・届出等の提出をしてください。

た、新規指定を受けようとする方は、事前に以下の担当に御相談ください。
事業所所在地の市町村にも事前に御相談ください。)

お、新規指定申請書は、事前協議終了の際に担当者から送付します。

【連絡先】

障がい児支援・管理担当

電話0985-26-7068

障害福祉サービス事業者指定までの流れ

1前協議
(障がい福祉課)

2

3

4地確認

指定

(注意)新規指定のサービスの種類によって変更が生じる場合があります。

2.指定更新申請

定の有効期間は指定日から6年間となっております。

定の有効期間が満了する事業所等におかれましては、指定有効期間満了の2か月前までに担当に御連絡ください。

お、指定の更新手続(更新申請)をしなかった場合は、指定有効期間満了をもって指定の効力を失うこととなります(報酬を受け取れなくなります)ので御注意ください。

3.変更届

備・平面図等の変更は計画段階で御相談ください。

の他、事項に関する変更については、変更後10日以内に提出してください。

4.廃止(休止)、再開届

定障害福祉サービス事業所の廃止(休止)をする場合は、廃止(休止)の1か月前までに県障がい福祉課に廃止(休止)届を御提出ください。

た、再開の場合は、再開の日から10日以内に県障がい福祉課に再開届を御提出ください。

各種加算届出書

1.障がい児(通所・入所)給付費の加算に関する届出

ービスの報酬のうち、一定の加算を請求する場合には、あらかじめ届出が必要となります。

(1)加算の届出時期について(注意)

届出を行なった時期より、加算の算定を開始できる月が異なりますので御注意ください。

  • 届出が毎月15日以前になされた場合・・・翌月からの算定を開始することができます。
  • 届出が毎月16日以降になされた場合・・・翌々月からの算定を開始することができます。

注意:平成30年度分につきましては、4月25日(水曜日)までに県へ届出を提出された場合は、4月1日に遡って加算の算定を適用します(特例期限)。

(2)届出様式

(3)加算に係るQ&A(国通知H30年3月30日)

2.福祉・介護職員処遇改善(特別)加算届出

祉・介護職員処遇改善(特別)加算の請求には、あらかじめ届出が必要となります。
た、福祉・介護職員処遇改善(特別)加算の基本的な考え方等については、下記厚生労働省通知を御確認ください。

祉・介護職員処遇改善(特別)加算の届出を行なった場合には、必ず実績報告が必要となります。

(注意)届出の時期について

規届出の場合、届出の翌々月から算定を開始することができます。
変更届出の場合、届出を行なった時期で加算の算定を開始できる月が異なりますので御注意ください。

  • (1)変更届出が毎月15日以前になされた場合・・・翌月からの算定を開始することができます。
  • (2)変更届出が毎月16日以降になされた場合・・・翌々月からの算定を開始することができます。

《福祉・介護職員処遇改善(特別)加算届出》

《福祉・介護職員処遇改善(特別)加算実績報告》

3.留意事項

遇改善加算につきまして、該当のある事業所は下記期限までに県障がい福祉課へ提出をお願いします。

出期限:平成30年2月28日(水曜日)必着
記期限内に届出があったものについては、平成30年4月1日からの取得が可能となります。
遇改善加算の届出を取得される場合は、毎年、申請が必要です。

提出先:宮崎県障がい福祉課(封筒の表に朱書きで「処遇改善加算届出書在中」と朱書きしてください。)
合せ先:別添の通知文にある各サービス担当の連絡先までお願いします。

業務管理体制の整備に関する事項の届出

定を受けた施設・事業所は、業務管理体制の整備に関する届出を行なうことが必要です。届出の内容は、運営主体となる法人の事業所数により異なりますのでご注意ください。

1.業務管理体制の整備について

害児通所(入所)支援事業者等において、不正事案の発生防止の観点から、事業運営の適正化を図るための体制が整備されているかどうかを指します。
体的には、事業所等職員の法令遵守を確保するための責任者が置かれていること、開設する事業所等の数に応じ、法令遵守を確保するための注意事項や標準的な業務プロセス等を記載した「法令遵守規程」の整備、外部監査などによる「業務執行の状況の監査」が行われていることが必要とされます。

2.届出書の内容

対象となる障害福祉サービス事業者等

届出事項

 

全ての事業者等

事業者等の名称又は氏名

事業者等の主たる事業所の所在地

事業者等の代表者の氏名、生年月日、住所、職名

「法令遵守責任者」(注意3)の氏名、生年月日

事業所等の数が20以上の事業者等

上記に加え「法令遵守規定」(注意4)の概要

事業所等の数が100以上の事業者等

上記に加え「業務執行状況の監査の方法」の概要

  • (注意3)法令を遵守するための体制の確保にかかる責任者
  • (注意4)業務が法令に適合することを確保するための規程
  • (注意)事所の数え方については、その指定を受けたサービス種別ごとに一事業所等と数え、事業所番号が同一でも、サービス種類が異なる場合は、異なる事業所として数えます。例えば、同一の事業所が、居宅介護事業所と重度訪問居宅介護事業所としての指定を受けている場合、指定を受けている事業所は2つとなります。

3.届出書の届け先

事業所等の区分

届出先

備考

指定事業所等が2以上の都道府県に所在する事業者等

厚生労働省

厚生労働省
障害保健福祉部査指導室

特定相談支援事業又は障害児相談支援事業のみを行う事業者であって、全ての事業所等が同一市町村内に所在する事業者等

 

市町村

 

 

上記以外の事業者等

都道府県

 

4.児童福祉法に基づく業務管理体制の届出が義務づけられる事業者の種類

  • 指定障害児通所支援事業者
  • 指定障害児入所施設
  • 指定障害児相談支援事業者

5.児童福祉法に基づく業務管理体制に係る届出書

参考

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-32-7068

ファクス:0985-26-7340

メールアドレス:shogaifukushi@pref.miyazaki.lg.jp