トップ > 健康・福祉 > 障がい者 > 障がい者福祉 > 聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年5月20日

聴覚障がいのある方等の新型コロナウイルス感染症の相談窓口について

聴覚障がいがある方をはじめ、電話での相談が困難な方がいつでも相談できるようにするため、3月5日(木曜日)よりファクスで相談対応します。

新型コロナウイルス感染症が疑われる方へ

厚生労働省より示されている「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」が5月8日に改訂されました。

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに帰国者・接触者相談センターへご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(注意)で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    • <注意>
      高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。
    1. 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者接触者相談センター等に御相談ください。
    2. 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

注意:なお、この目安は、県民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

「帰国者・接触者相談センター」の相談窓口

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

厚生労働省がよくある御質問をまとめています。

また、御家族のなかに新型コロナウイルスの感染が疑われる方がいる場合は「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項」(外部サイトへリンク)の留意事項も御覧ください。

一般相談は以下の厚生労働省相談窓口にお問合せください。

厚生労働省の相談窓口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-32-4468

ファクス:0985-26-7340

メールアドレス:shogaifukushi@pref.miyazaki.lg.jp