トップ > 健康・福祉 > 障がい者 > 障がい者福祉 > 重度障がい者(児)医療費助成制度「外来の現物給付化」について(医療提供施設の皆様へのお願いと周知事項)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

重度障がい者(児)医療費助成制度「外来の現物給付化」について(医療提供施設の皆様へのお願いと周知事項)

令和2年8月診療分から重度障がい者(児)医療費助成制度「外来の現物給付化」を導入します!

重度障がい者(児)医療費助成事業は、働くことが困難な重度障がい者等の負担軽減を図るため、医療費の助成を行なっているものです。現在外来分については、受給者が医療機関で支払った額について、市町村が1,000円/月を超える額を還付しています。

見直しの内容

既に乳幼児医療等で実施済みの「外来の現物給付化」を導入

注意:入院は既に現物給付です。

実施時期

令和2年8月診療分から実施

自己負担額

受診する1医療機関ごとに月500円上限(注意:調剤を含む)

注意:受給者がお住まいの市町村により金額が異なる場合があります。

詳細は、別途案内します。

実施主体

県内全ての市町村

助成対象者

公費番号95の受給者証をお持ちの方。

今後、市町村が新たに現物給付に対応した受給者証を発行します。

医療提供施設の皆様へのお願いと周知事項

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課障がい児支援担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7068

ファクス:0985-26-7340

メールアドレス:shogaifukushi@pref.miyazaki.lg.jp