トップ > 健康・福祉 > 障がい者 > 精神保健 > 令和3年度「依存症自助グループ活動緊急支援事業」のグループ募集について

ここから本文です。

更新日:2021年8月19日

令和3年度「依存症自助グループ活動緊急支援事業」のグループ募集について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、各種依存症に陥るリスクが高まる一方、依存症の当事者等への支援を行う自助グループは対面によるミーティング等の活動が制限されている状況があります。

このような状況を踏まえ、新型コロナウイルス感染症に対応した各種依存症(アルコール、薬物、ギャンブルなど)対策を支援するため、依存症自助グループの活動に係る経費の補助を希望するグループを募集します。

1.募集内容

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、通常の自助グループ活動が困難となっている団体において、下表の活動内容を実施している、または、実施予定であるグループを募集します。

ただし、事業の内容が、公益性が高いものに限ります。

【事業内容】

  • (1)オンラインミーティングの開催
  • (2)オンラインセミナーの開催
  • (3)訪問支援
    (再飲酒等のリスクが高まるメンバー宅やオンラインでの参加が困難なメンバー宅への訪問)
  • (4)各種広報活動

このうち、オンラインミーティングの開催及び各種広報活動については、必須といたします。

2.応募資格

法人及び任意団体(以下「団体」という。)で次の要件を満たすもの。

  • (1)宮崎県内に事務所を有すること。
  • (2)宮崎県内での活動実績が1年以上あること。
  • (3)地方税法(昭和25年法律第226号)第321条の4及び各市町村の条例の規定により、個人住民税の特別徴収義務者とされている法人にあっては、従業員等(宮崎県内に居住している者に限る。)の個人住民税について特別徴収を実施している者又は特別徴収を開始することを制約した者。
  • (4)自助グループを実施する主体の構成員等が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)若しくは同条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)でないこと又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有しないこと。
  • (5)県税に未納がないこと。
  • (6)宗教活動や政治活動を主たる活動としないこと。
  • (7)その他補助が適当でないと知事が認める者でないこと。

3.応募条件

次に掲げるすべての要件を満たすこと

  • (1)応募に際しては、自助グループの代表1名が応募すること。
    ただ県内に複数の支部を持つグループにおいては、支部ごとの応募は不可。
  • (2)月1回以上の活動をしているグループであること。

4.選定予定団体数

8団体程度

5.補助額

1団体当たり補助上限額30万円(消費税及び地方消費税を含む)

6.事業期間

原則として交付決定日から令和4年3月31日まで

7.募集期間

令和3年8月18日(水曜日)から令和3年9月17日(金曜日)

  • 持参又は郵送(書留郵便等配達の記録が残るものに限る。)により、令和3年9月17日(金曜日)午後5時までに宮崎県障がい福祉課必着

8.募集要領・応募書類

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課精神保健担当 担当者名:岡田

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-32-4471

ファクス:0985-26-7340

メールアドレス:shogaifukushi@pref.miyazaki.lg.jp