トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業経営・技術 > 宮崎県総合農業試験場 > トピックス一覧 > 正面玄関ホール展示コーナーを更新しました(7月:土壌環境部)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年7月6日

正面玄関ホール展示コーナーを更新しました(7月:土壌環境部)

総合農業試験場管理棟正面玄関を入って左の試験研究情報展示コーナーは、各部・各支場の取組内容を紹介しています~

土壌環境部の研究紹介

7月は土壌環境部を紹介します。

土壌環境部では、施肥や土壌管理技術の試験研究、土壌調査、土壌・肥料の分析研究などをおこなっています。

写真:土壌環境部の展示の様子

展示コーナーでは、これから土壌環境部が力を入れて取り組んでいきたいと考えている、養液栽培の試験について紹介しています。

養液栽培とは

肥料(作物に必要な養分)を、水に溶かした液肥だけで栽培する方法です。

図:全国の養液栽培面積の推移

養液栽培の面積は少しずつ増加しており、今、注目されている技術です。

主にトマト、イチゴ、バラなどが栽培されています。

土を使わない栽培方法は私たちにはなじみがないようですが、スーパーで販売されている三つ葉やカイワレダイコンのほとんどは水耕栽培でつくられています。

(園芸用施設の設置等の状況(H30)(農林水産省)を基に作成)

<キュウリの養液栽培の現状>本県が日本一の生産を誇るキュウリの養液栽培で、増収が期待。しかし、きゅうりの養液栽培の試験は行われているが、施肥技術は完成していない。販売されている肥料は足りない成分や過剰な成分が含まれている可能性があり、無駄が多い?養液栽培用のシステムは高価なため、試験に着手しにくい。

<研究の目的>(1)低コストな養液栽培試験用のシステムを作成する。(2)キュウリの好む肥料の配合を明らかにし、肥料の無駄を減らすことで、コストを削減する。

<具体的な研究内容>(1)養液栽培のシステムを作成。(2)いろいろな配合の肥料をつくって、キュウリを栽培してみる。(3)本県の気象条件での、キュウリの養液栽培に適した肥料の組成を明らかにする。そして最終的には、、、、キュウリ養液栽培用の低コスト肥料を作る。

現在システムの試作中です!

写真:試験状況

展示コーナーでは、土壌環境部がオリジナルで作成した養液栽培システムの試作品を展示しています。

その他、土の水分が作物に吸収されやすい状態であるかを判断するときに使うpFメーターや、様々な肥料・土壌のサンプルも展示しています。

是非ご覧ください!

お問い合わせ

宮崎県総合農業試験場   担当者名:田上

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂5805

電話:0985-23-2124

ファクス:0985-73-2127

メールアドレス:sogonogyoshikenjo@pref.miyazaki.lg.jp