トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業経営・技術 > 宮崎県総合農業試験場 > トピックス一覧 > 正面玄関ホール展示コーナーを更新しました(11月:薬草地域作物センター、畑作園芸支場)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年11月11日

正面玄関ホール展示コーナーを更新しました(11月:薬草地域作物センター、畑作園芸支場)

総合農業試験場管理棟正面玄関を入って左の試験研究情報展示コーナーは、各部・各支場の取組内容を紹介しています~

薬草・地域作物センターの展示紹介

11月は薬草・地域作物センターの取り組みについて展示をしています。

本センターでは、薬草や地域作物を活用した「地域農業の振興」を目指し、これらの栽培や加工に関する試験研究を行なっており、11月の展示では現在研究中の「白ウコン」、「ホップ」について紹介しています。

全体

白ウコン展示について

白ウコンは、ひざなど関節の炎症を抑える成分が含まれて、健康食品の素材として利用されています。現在、宮崎県で約1ha規模で栽培されており、本センターでは、白ウコンの栽培特性について試験を進めています。

白ウコン

ホップ展示について

ホップは、ビールの苦み・香りづけの原料で、現在県内のクラフトビールメーカーによりオール県内産原料でのビール開発が進められています。本センターでは本県においてこれまで栽培の実績がなかったホップの安定生産を目指すための基礎的な試験研究を実施しています。

ホップ

畑作園芸支場の展示紹介

畑作園芸支場では、サトイモ、カンショ、キャベツ、ホウレンソウ、ニンジン等の畑作主要作物について、安定生産・持続的生産・畑かん利用・省力化などの技術開発に取り組んでいます。

いも類の選抜系統展示

サトイモ及びカンショの近年選抜した優良系統を展示しています。

  • 大和39(サトイモ)
    • いもの肥大が早く9月出荷に適した中早生系統
    • 孫いもの肥大が良い
    • 水晶いもの発生も無く高品質
  • T-15(カンショ)
    • 高系14号からの選抜系統
    • 主に加工用(菓子用)に適したやや丸い形状
    • 今までの系統より多収(1.2倍)

さ

パネル展示

いも類の選抜(サトイモ及びカンショ)の他に、「寒玉キャベツの晩秋まき春どり適応品種」の選定を紹介しています。

  • 寒玉キャベツ「TCA489」
    • 収穫適期は5月上旬から中旬
    • 平型が加工適性が高く、甘さがあり良食味

てん

お問い合わせ

宮崎県総合農業試験場   担当者名:中武

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂5805

電話:0985-21-6061

ファクス:0985-21-6063

メールアドレス:sogonogyoshikenjo@pref.miyazaki.lg.jp