ここから本文です。

更新日:2019年9月2日

3か月予報(9月~11月)秋の天気

概要

2019年6月から8月27日までの天気の傾向を解析した結果では、

  • 気温は、6月+0.2℃で平年並み、7月は-1.1℃で平年より低い、8月は(8月27日現在)+0.5で、平年並みになっています。
  • 降水量は、6月~8月までの積算降水量が平年値が1028.8mmに対して、2019年(8月27日現在)は1495mmと平年比45%増になっており、特に7月は796mmと極端に多くなっています。
  • 日照時間は、6月~8月までの積算が、416.4hと平年より少なくなっていますが、特に7月、8月の日照不足が影響しています。

2019年は春までエルニーニョ現象の影響を受けて、気温が平年より高い傾向でしたがエルニーニョ現象が終息するとともに、6月以降気温が平年並みになってきました。
以上の状況から、本年7月は、特に気温が低く、降水量が多く、日照時間が少ないという気象条件になっていました。要因は、梅雨明けが平年よりも遅く、梅雨前線の活動が活発だったことが要因です。
8月23日に気象庁から九州南部の3か月長期予報(9月~11月)が発表されましたので、その解説をするとともに、1か月予報も解説します。

予報の種類と予報の見方

(1)予報の種類

  1. 短期予報
    2日以内の予報。午前11時に出される予報が、当日、翌日、翌々日の天気予報に該当します。
  2. 中期予報
    7日以内の予報。週間天気予報のことで毎日11時更新。
  3. 長期予報
    1ヶ月、3ヶ月予報。毎月25日前後に出されます。

(2)予報の見方

  1. 1ヶ月予報は、その月を3区分して、気温、降水量、日照時間の3つについて予想されます。
    現在、1981年~2010年の30年間のデーターで平年値が出されています。そのため、たとえば気温、降水量、日照時間は、次の表のように表現されます。
    表現

    低い(少ない)

    高い(多い)

    出現率

    30(%)

    40(%)

    30(%)

    意味 平年値と比較して、どの出現率が高いかを表現する

    たとえば、平年並みが予想される場合は上記の表現になります。左の30は平年よりも低い(少ない)傾向、右の30は平年よりも高い(多い)傾向と表現されます。40は平年並みの気温ということになります。

  2. 3ヶ月予報は、その期間の気温と降水量について、同じ形式で表現されます。

1.3か月予報(8月23日発表)

気温

20

30

50

9月

20

40

40

10月

20

40

40

11月

20

40

40

降水量

30

40

30

9月

30

40

30

10月

30

40

30

11月

30

40

30

(1)気温

3か月の平均で、平年よりやや高い予想です。月によっては平年並みかやや高い傾向なります。
この要因はエルニーニョ現象が終息しましたが、依然として気温がやや高い傾向になっているためで、最高気温は平年並みですが、特に最低気温が高い傾向が続くことが予想されているためです。最低気温が高い傾向は、この2,3年続いていますので、注意が必要です。
なお、この予想は、九州南部地方を対象としたもので、鹿児島地方の高温傾向に比べ、宮崎地方は予想よりもやや低い傾向がありますので、平年並みかやや高いと予想されます。

(2)降水量

3か月の平均では、平年並みの予想です。月によっては平年並みの予想です。
この要因は、9月の半ばまで太平洋高気圧に覆われることが多いのですが、高気圧の周辺部で、南から暖湿空気の流入で雲が出やすい傾向ですが、その後秋の天気傾向になり、移動性高気圧、低気圧が交互に通過する天気変化になり、平年並みの雨量が予想されるためです。
ただ、秋雨前線の位置と活動状況や台風の北上があった場合は、まとまった雨量(大雨)になってきますので、注意が必要です。

(3)1か月長期予報(8月22日発表)8月24日~9月24日

気温は、平年並かやや高い(30,30,40)。週別では8月24日からの1週間は平年並かやや低い予報、8月31日からの1週間は平年並の予報、9月7日から2週間は平年並かやや高いの予報になっています。
降水量は平年並みかやや多い、日照時間とも平年並みかやや少ないとなっていす。要因は、今後も太平洋高気圧の勢力が強いためですが、高気圧の周辺部になることが次第に多くなってくるためです。

2.全体的傾向

今後の傾向

エルニーニョ現象が発生し、今春まで継続しましたが、6月に終息宣言昨年秋からがあり、現在は平年の状態ですが、再びエルニーニョ現象になっていくのか、ラニーニャ現象に向かうのか、まだ不明です。
ただ、傾向としてエルニーニョ現象に似た傾向もあるのではという予想もあり、今後の推移に注意が必要です。
なお、台風は、10号の接近以降、太平洋高気圧が強いために、11号、12号とも南シナ海方面に向かう進路となっていますが、過去の台風事例から今後発生する台風の動向に要警戒です。

総合農業試験場企画情報室村岡精二(気象予報士)

PDFで閲覧する(PDF:78KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

宮崎県総合農業試験場   担当者名:企画情報室村岡精二

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂5805

電話:0985-73-2121

ファクス:0985-73-2127

メールアドレス:sogonogyoshikenjo@pref.miyazaki.lg.jp