トップ > しごと・産業 > 農業 > 農業経営・技術 > 宮崎県総合農業試験場 > 気象情報一覧 > 3か月予報(春の天気)と暖候期予報(6月~8月)

ここから本文です。

更新日:2020年3月13日

3か月予報(春の天気)と暖候期予報(6月~8月)

概要

この冬は昨年と比較したところ、昨年が平年に比べ-1.6℃でしたが、今年は+1.7℃と記録的な暖冬になっていました。全国的に、+2.0℃以上のところが多く暖冬の影響がかなり出てきています。

この要因は、この冬(12月∼2月)、日本付近を通る偏西風が平年に比べ北に蛇行したため、南からの暖湿空気が入りやすい傾向が続いたためです。エルニーニョ現象が発生していないにも関わらず暖冬になったのですが、おそらくインド洋東部で発生した「ダイポールモード現象」が影響しているのではないかと言われています。この現象は、最近出てきた気象用語ですが、今後注目していく必要がありそうです。

気象庁から2月25日に3か月予報、暖候期予報が出されましたので、その長期予報について解説します。

予報の種類と予報の見方

(1)予報の種類

  1. 短期予報
    2日以内の予報。午前11時に出される予報が、当日、翌日、翌々日の天気予報に該当します。
  2. 中期予報
    7日以内の予報。週間天気予報のことで毎日11時更新。
  3. 長期予報
    1ヶ月、3ヶ月予報。毎月25日前後に出されます。

(2)予報の見方

  1. 1ヶ月予報は、その月を3区分して、気温、降水量、日照時間の3つについて予想されます。
    現在、1981年~2010年の30年間のデーターで平年値が出されています。そのため、たとえば気温、降水量、日照時間は、次の表のように表現されます。
表現

低い(少ない)

高い(多い)

出現率

30(%)

40(%)

30(%)

意味 平年値と比較して、どの出現率が高いかを表現する

たとえば、平年並みが予想される場合は上記の表現になります。左の30は平年よりも低い(少ない)傾向、右の30は平年よりも高い(多い)傾向と表現されます。40は平年並みの気温ということになります。

  1. 3ヶ月予報は、その期間の気温と降水量について、同じ形式で表現されます。

1.3か月予報(2月25日発表)

気温

20

30

50

3月

20

30

50

4月

20

40

40

5月

30

30

40

降水量

30

40

30

3月

30

40

30

4月

30

40

30

5月

30

40

30

  • 気温は、期間を通じて平年よりやや高い傾向に。月別では3月がやや高い、4、5月が平年並みかやや高いとなっています。
  • 降水量は、期間を通じて平年並み

2.暖候期予報(2月25日発表*令和2年6月から8月)

気温

20

40

40

降水量

30

40

30

気温は平年並みかやや高い予想。
降水量は平年並みで、梅雨の期間も平年並みの予想

3.全体的傾向

(1)3か月予報について

1.気温

この春(3~5月)は、平年よりやや高い傾向になっていますが、月別にみると

  • 3月:平年より高い
  • 4月:平年並みかやや高い
  • 5月:平年並みかやや高い

となっています。昨年は低温傾向の冬から3月に入り、一気に気温が平年より高くなりましたが今年は、3月は高い傾向ですが、4月以降平年並みに近づく傾向になってくると予想されます。

2.降水量

この春(3~5月)は、平年並みの予想になっています。これは天気が周期的に変化し、雨も3~4日ごとに降りやすいことを示しています。

昨年の3月から5月の降水量は、平年比で108.5%の668.5mmで、特に3月が多かったのですが、今年の予想は平年並みです。しかし、近年雨の降り方が激しくなっていますので、注意は必要です。

(2)暖候期予報(6月~8月)

  1. 気温:平年並みかやや高い
  2. 降水量:平年並み

となっています。昨年は気温が高め、降水量が平年並みとなっていましたが、気温は昨年よりやや低めですが、平年の夏のレベルで、暑い夏になると予想した方がいいです。ただし、宮崎県沿岸部では、猛暑日になることは少ないと予想します。

今回の予報では、令和2年1月以降、気温のアップダウンの激しい傾向から、次第に落ち着いてくる予想になってきています。

その理由として、今年は南米ペルー沖でのエルニーニョ現象、ラニーニャ現象とも発生ししないと予想されているためですが、最近の傾向として、平均気温が全体的に上がってきているため、これからの予想は、どう変わっていくか難しい面があります。

特に、今年は記録的な暖冬になっていましたので、その傾向を引きずっていますが、最近気圧配置の変化もみられ、北からの寒気が南下しやすい気圧配置に変わってきているため、注意が必要です。

なお、九州南部の平年の梅雨入りは5月31日です。

総合農業試験場企画情報室村岡精二(気象予報士)

PDFで閲覧する(PDF:78KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

宮崎県総合農業試験場  

〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂5805

電話:0985-73-2121

ファクス:0985-73-2127

メールアドレス:sogonogyoshikenjo@pref.miyazaki.lg.jp