トップ > 暮らし・教育 > NPO・ボランティア・協働 > NPO > 平成25年度東日本大震災復興活動支援事業について

ここから本文です。

更新日:2013年7月2日

平成25年度東日本大震災復興活動支援事業について

東日本大震災発生後、復旧の進捗とともに、被災者・被災地の状況が変化し、現地のニーズに対応したきめ細やかで多様な形の復興支援が求められています。
このため、県では「みやざき感謝プロジェクト」の一環として、平成24年度から現地のニーズ等に柔軟かつ効果的に対応できる県内の民間団体の復興活動を支援し、息の長い被災地の復興支援に取り組んでいます。

1.取組内容

実施団体名 事業名 事業目的 事業実施予定地域等
特定非営利活動法人フロンティア会 青い海、青い空、南国宮崎共同生活プロジェクト 被災地の若者の自立支援 宮崎県内(宮城県の若者の受け入れを実施)
宮崎県森林組合連合会 心のケアとコミュニケーションツールとしての木育活動普及事業 被災地の子供たちの心のケア 福島県内
宮崎県木材青壮年会連合会 ひとりじゃヤタイ(屋台)を使った被災地と本県との交流プロジェクト 本県の「杉の素材」を使った被災地のコミュニティ支援 岩手県野田村、宮崎県内
宮崎県中小企業家同友会 いわて・みやざき仕事づくりプロジェクト 被災地の雇用確保に繋がる新たな仕事づくりの検討 岩手県中小企業家同友会(連携先)
特定非営利活動法人みんなのくらしターミナル 口蹄疫の復興体験を活かした助け合い支えあいの地域づくり復興支援事業 本県の口蹄疫からの復興体験、ノウハウを活かした地域づくり支援 宮城県気仙沼市
半九レインボースポーツクラブ こころのごちそうプロジェクト 被災者(仮設住宅)の心のケア・コミュニティ支援 福島県、宮城県内

2.取組状況

各団体の事業実施状況について有識者を交えた意見交換会を開催し、今後の課題や方向性等について意見交換を行いました。

  • 日時平成25年5月20日(月曜)午後3時15分から午後5時まで
  • 場所県庁7号館742号室

意見交換会では、各団体から、昨年度の取り組みや今年度の事業計画について報告があり、その後有識者から各団体へ質問、アドバイス等がありました。

意見交換会

〔各団体の取り組み状況〕

3.東日本大震災復興活動支援事業概要

(1)事業名

  • 東日本大震災復興活動支援事業
  • 財源:宮崎県大規模災害対策基金
  • 予算額:16,000千円

(2)事業の対象分野

2~3年程度の中長期的ビジョンを持った次のような支援分野

  • 仮設住宅のコミュニティづくりや心のケア
  • 既存コミュニティの再生、復興の地域づくりやまちの活性化
  • 被災地の雇用確保の支援など

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部総合政策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7032

ファクス:0985-26-7331

メールアドレス:sogoseisaku@pref.miyazaki.lg.jp