トップ > 県政情報 > 統計 > 生活統計 > 2-2住宅の構造

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2009年8月1日

2-2住宅の構造

2-2住宅の構造

木造住宅率の減少が続く■

住宅を構造別にみると、木造総数が315,600戸で、鉄骨・鉄筋、コンクリート造などの非木造が128,300戸となっている。
さらに木造総数のうち木造が176,900戸、防火木造が138,700戸となっている。
木造住宅の割合は年々減少している。

住宅の構造別住宅数(戸)
  総数 木造総数(防火木造をむ) 非木造
総数 鉄筋・鉄骨コンクリート造 その他注)
昭和53年 329,900 285,600 44,400 28,300 16,100
昭和58年 357,400 293,100 64,300 49,200 15,100
昭和63年 374,400 297,600 76,800 63,300 13,500
平成5年 397,500 303,800 93,600 80,000 13,600
平成10年 422,400 316,300 106,100 95,800 10,300
平成15年 435,700 318,300 117,500 100,600 16,900
平成20年 443,900 315,600 128,300 106,100 22,200

注)防火木造とは
柱・はりなどの骨組みが木造で、屋根や外壁など延焼の恐れのある部分がモルタル、サイディングボード、トタンなどの防火性能を有する材料でできているもの。

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7042

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp