ここから本文です。

更新日:2005年3月5日

住宅・土地統計調査結果概要第4章

第4章齢者のいる世帯の状況

ここでは、高齢者のいる世帯に焦点を当て、その住宅の状況や居住状況についてみることにする。なお、ここでは、65歳以上の世帯員がいる主世帯を「高齢者のいる主世帯」とし、その世帯を次の3つの型に区分している。

  1. 高齢単身主世帯
    • 65歳以上の単身の主世帯
  2. 高齢夫婦主世帯
    • 夫婦とも又はいずれか一方が65歳以上の夫婦一組の主世帯
  3. その他の高齢者主世帯
    • 高齢者のいる主世帯から上記の二つを除いたもの
    • 高齢者と、生計をともにするその他の世帯員で構成される世帯

1.高齢者世帯の割合

高齢者のいる主世帯は、39.6%■

高齢者のいる主世帯の推移

高齢者のいる主世帯は、172,500世帯で主世帯全体の39.6%となっている。

小規模化が進む高齢者のいる主世帯■

高齢者のいる主世帯について、世帯の型別に推移をみると、高齢単身主世帯と高齢夫婦主世帯は年々増加している。高齢者のいる主世帯の数が増加を続ける中、多人数同居型ではなく、高齢単身のみ及び高齢者夫婦のみの世帯が増加し、世帯の小規模化が進んでいることを示している。

高齢者のいる主世帯の型別割合

2.住宅の所有関係

高齢者のいる主世帯は89.6%が持ち家に居住■

高齢者のいる主世帯について、住宅の所有の関係別割合をみると、持ち家が89.6%、借家が10.4%となっており、主世帯全体の割合(それぞれ67.1%、32.5%)に比べ、持ち家の割合が高くなっている。

3.高齢者世帯のバリアフリー状況

次に、高齢者のいる主世帯に限ってバリアフリー住宅の状況をみると、「手すりがある」住宅は35.9%、「またぎやすい高さの浴槽」のある住宅が23.4%、「廊下等が車椅子で通行が可能」が18.3%、「段差のない屋内」が13.1%となっており、主世帯全体の割合(それぞれ26.4%、17.4%、14.5%、13.6%)と比べて「段差のない屋内」の項目以外は高くなっている。

4.居住水準

高齢者のいる主世帯について、誘導居住水準以上の世帯は56.1%となっており、主世帯全体での割合(51.2%)に比べて高くなっている。

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7042

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp