ここから本文です。

更新日:2005年8月6日

国勢調査Q&A

Q1:国勢調査ってなに?

国勢調査は、日本に住んでいるすべての人を対象とした、国の最も基本的な統計調査で、国内の人口や世帯などの実態を把握するために行われています。調査は5年に1回のため、西暦の末尾が「0」と「5」の年に実施されています。ちなみに、国勢調査の「国勢」とは「国の情勢」を意味します。

Q2:調査の方法は?

9月下旬から国勢調査員が国内(県内)の全世帯を訪問して調査票を配布し、10月1日現在の状況を調査票に記入していただきます。そして、10月上旬に国勢調査員が再び各世帯に訪問して調査票を回収します。10月1日午前0時時点で国内に居住しているすべての人が対象となります(外国人も含まれます)。

Q3:調査票は郵送できないの?

国勢調査員がそれぞれの世帯におうかがいし、調査票の配布・回収を行なっている理由は、一定期間内にすべての調査票を回収し、一人の漏れ、重複もなく、正確な統計を作成するためです。

Q4:国勢調査員ってどんな人なの?

調査票を配布、回収する国勢調査員は、市町村長の推薦に基づいて総務大臣が任命する非常勤の国家公務員です。

Q5:どんなことを調べるの?

男女の別、出生の年月、国籍、就業状態、通勤・通学地など世帯員一人一人について調べるほか、世帯の種類、世帯員の数、住居の種類など世帯について調べます。調査項目は全部で17項目あります。

Q6:調査に答える義務はあるの?

調査票が提出されなかったり、正しい回答がされなかったりすると、誤った統計になってしまいます。そうしたことを防ぐため、「統計法」及び「国勢調査令」で回答の義務について規定しています。つまり、国勢調査に参加することは、私たちの義務のひとつなのです。

Q7:秘密は守られるの?

調査をする人が、調査の結果を他人に漏らしたり、統計をつくる目的以外に調査票を使ったりすることは法律で固く禁じられています。なお、調査票は外部の人の目にふれないよう厳重に保管され、集計後はすべて溶かして再生紙として生まれ変わります。

Q8:調査結果はいつ分かるの?

  • 人口・世帯数は18年8月に公表され、そのほかの集計結果も順次公表されています。
  • 結果をまとめた報告書は、都道府県・市町村の統計担当課や図書館などで閲覧可能です。
  • また、総務省統計局のホームページでも見ることができます。

Q9:調査結果はどんなことに使われるの?

都道府県議会や市町村議会の議員数の決定、地方交付税交付金の算定基準などに用いられたり、都市計画や社会福祉政策、経済政策、防災計画などを立てたりするときの基礎資料として活用されます。この他にも、将来人口の予測や人口分析、県民経済計算、産業連関表など、さまざまな分野で調査結果が使われます。

関連するページへのリンク

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7042

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp