トップ > 県政情報 > 統計 > 産業統計 > 宮崎県産業連関表 > 平成27年(2015年)宮崎県産業連関表の概要 > 平成27年宮崎県産業連関表:宮崎県の経済構造

掲載開始日:2020年6月30日更新日:2020年6月30日

ここから本文です。

平成27年宮崎県産業連関表:宮崎県の経済構造

平成27年宮崎県の経済構造

(1)県内生産額

平成27年の財・サービスの総供給は9兆3323億円で、平成23年に比べて9.9%の増加となった。
また、県内生産額は6兆9765億円で、平成23年に比べて9.5%の増加となった。

H27総供給・生産額

 

県内生産額の産業別構成費の遷移

H27生産額構成比

(2)投入構造(費用構成)

成27年の中間投入額は3兆330億円、粗付加価値額は3兆9434億円で、県内生産額に占める中間投入額の割合は43.5%と、平成23年の43.8%から減少した。
これに対し、祖付加価値額の割合は56.5%で増加した。

H27粗付加価値

(3)需要構造(販路構成)

平成27年の総需要額は9兆3323億円で、その内訳は中間需要3兆330億円、県内最終需要4兆4311億円、移輸出1兆8681億円となっており、平成23年に比べ中間需要が0.4ポイント低下し、県内最終需要が1.2ポイント上昇した。

H27総需要

(4)県際構造

平成27年の移輸出額は1兆8681億円、移輸入額は2兆3558億円で4877億円の移輸入超過となった。
また、平成23年に比べ、移輸出率は2.6ポイント、移輸入率は1.1ポイントそれぞれ増加した。

H27県際収支

 

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp