ここから本文です。

更新日:2008年5月20日

宮崎県まちづくり基本方針

「まちづくり基本方針」策定背景

我が国の都市を取り巻く状況は、人口減少・超高齢社会の本格的な到来、さらには厳しい財政的制約など、社会構造そのものが根本から変化してきており、様々な分野において、これまでの制度や枠組みの見直しを迫られています。

これまでの高度成長期以来、急速なモータリゼーションの進展や社会インフラ整備、そしてライフスタイルの多様化などを背景として、大規模な商業施設や公共公益施設などの都市機能が郊外に拡散し、まちの顔である中心市街地においては、空き店舗の増加や歩行者数の減少などかってのにぎわいが失われつつあります。
このため、これまでの都市の拡大成長を前提としたまちづくりのあり方を転換し、様々な都市機能がコンパクトに集積した都市構造を実現するため、都市計画法をはじめとするまちづくり三法の改正がなされたところであります。

一方、本県の人口動態は、全国平均に比べ8年早く、平成9年から人口減少に転じており、また、平成47年には高齢化率が全国11位になることが予測されるなど、人口減少社会や超高齢社会の到来は、もはや回避できない現実のものとなりつつあり、本県のすべての市町村において安心して暮らせるまちづくりの実現が重要な課題になっています。

大規模な商業施設や公共公益施設に代表される都市機能がこのまま無秩序に郊外に拡散していく状況が続けば、中心市街地の衰退はもちろん、中心市街地に集積している公共交通機関などの都市機能が維持困難になり、高齢者をはじめとした自動車を運転できない住民に対し、生活そのものに大きな影響を与えることになります。

また、都市機能の無秩序な拡散は、非効率な社会インフラの整備や行政運営コストの増大を招き、都市地域のみならず、本県の田園環境や自然環境の悪化、ひいては地域コミュニティの維持低下につながることが懸念されます。

「まちづくり基本方針」の概要

方針策定の趣旨

人口減少・超高齢社会を迎え、様々な都市機能がコンパクトに集積した都市構造の実現を図るため、平成18年に、いわゆる「まちづくり三法」の改正が行われました。
この法改正に対応するため、本県における新たな時代に対応した「まちづくり基本方針」の策定を行いました。

本県の目指すまちづくり

人口減少・超高齢社会に対応した様々な都市機能が集約されたコンパクトな都市づくりを目指します。

基本方針の概要

概要

「まちづくり基本方針」の目次

まちづくり基本方針表紙

一括ダウンロード

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部都市計画課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7191

ファクス:0985-32-4456

メールアドレス:toshikeikaku@pref.miyazaki.lg.jp