トップ > 社会基盤 > 都市計画・国土利用・美しい宮崎づくり > 都市計画 > 都市計画に関する基本方針(改定版)

ここから本文です。

更新日:2018年7月4日

都市計画に関する基本方針(改定版)

「都市計画に関する基本方針」改定の背景

今後、日本は、本格的な少子高齢・人口減少社会を迎え、さらに、地方都市においては、急激な人口減少が見込まれているため、国においては、都市再生特別措置法の改正等、都市構造を見直す法整備が進められています。

また、東日本大震災や熊本地震などの大規模地震、新燃岳の噴火、台風等の集中豪雨に伴う水害、土砂災害など、大規模な自然災害が発生しており、津波防災地域づくり法の制定、土砂災害防止法の改正など、これらの被害を軽減するための取組が進められています。

本県においても、さらに高齢化が進み、人口減少が加速する見込みとなっており、さらには、自然災害について、南海トラフ地震に伴う大きな被害が想定されています。

これらの課題に対応するため、平成16年に策定した「都市計画に関する基本方針」の改定を行うものです。

「都市計画に関する基本方針(改定版)」の概要

(1)基本方針の目的

勢の動向や、現行都市計画法を適用してきたこれまでの都市計画の歴史を踏まえながら、都市計画からみたこれからの本県の将来都市構造のあり方や、土地利用・都市施設・都市景観・自然環境・都市防災の各分野について都市計画に関する基本的な考え方を示すものです。

今後、県が決定する都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)やその他の個別の都市計画については、基本方針に基づいて検討、計画策定を行います。

また、各市町が決定する都市計画に関する基本的な方針(市町マスタープラン)や市町の個別の都市計画において活用されることが望まれます。

(2)目標年次

基本方針では、概ね20年後、平成47年を目標年次としています。

(3)本県の目指す都市づくり

豊かな自然環境と共生する、人口減少下でも持続可能な都市を実現し、県土の発展につなげていくことを目指します。

(4)「都市計画に関する基本方針(改定版)」の概要

概要版は、以下のファイルからご覧いただけます。

(5)「都市計画に関する基本方針(改定版)」本文

本文は、以下のファイルからご覧いただけます。

関連するページへのリンク

改定の背景となった法改正等へのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部都市計画課計画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7192

ファクス:0985-32-4456

メールアドレス:toshikeikaku@pref.miyazaki.lg.jp