トップ > 社会基盤 > 都市計画・国土利用・美しい宮崎づくり > 美しい宮崎づくり > 景観形成に係る太陽光発電設備の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2019年8月26日

景観形成に係る太陽光発電設備の取扱いについて

景観形成に係る太陽光発電設備の取扱い

本県では、平成19年4月に「宮崎県景観形成基本方針」を策定し『自然と人々の生活が融合した“美しいみやざき”の創造』を景観形成の将来像として、良好な景観形成に向けて取り組んでおります。
一方では、国が推進する新たなエネルギー政策の一環として、全国各地で太陽光発電設備の設置が盛んに計画されております。本県としましても、日照時間が全国第3位という恵まれた日照環境を活かすべく、平成25年3月に策定した「宮崎県新エネルギービジョン」では重点的に取り組む新エネルギーの一つに掲げております。しかし、県内外で太陽光発電設備が景観に与える影響が問題視されております。
自然と人々の生活が融合した“美しいみやざき”の創造』の実現に向け、海岸や山々が織りなす自然景観や歴史と日向神話ゆかりの景観等を、地域の宝として後世に残していくことを目的とし、また、景観行政の主体である市町村の一助になることを期待し、本取扱いを定めました。

注意:取扱いに挙げる記載例は、県外の事例を参考に作成した一例であり、今後市町村が景観条例及び景観計画等を策定又は改正する際に、その内容を縛るものではありません。

本文

別添資料

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部美しい宮崎づくり推進室美しい宮崎づくり推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-24-0041

ファクス:0985-32-4456

メールアドレス:utukushii@pref.miyazaki.lg.jp