トップ > 社会基盤 > 都市計画・国土利用・美しい宮崎づくり > 美しい宮崎づくり > 「美しい宮崎づくり」について(トップページ) > 美しい宮崎づくりガイドライン(案)「宮崎県公共事業景観形成指針とその解説」について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年9月5日

美しい宮崎づくりガイドライン(案)「宮崎県公共事業景観形成指針とその解説」について

美しい宮崎づくりガイドライン(案)

では、宮崎県景観形成基本方針(平成19年4月策定)が目指す「自然と人々の生活が融合した“美しいみやざき”の創造」に向け、自ら率先して良好な景観形成の先導的な役割を果たすべく、公共事業を実施する際の景観形成のあり方と方向性を示した「宮崎県公共事業景観形成指針」(平成22年3月)を策定しました。

た、公共事業に携わる方々が、この指針の内容や、設計・施工等を行う際の配慮事項について理解していただくことを目的として、事例写真を含めるなど分かりやすく編集しガイドラインを作成しました。

ガイドラインが公共事業に携わる方々に広く活用していただくことにより、地域の特性に配慮した魅力ある公共空間が創出され、全ての人が自分たちの地域に誇りを持って住み続けられる『自然と人々との生活が融合した“美しいみやざき”』づくりが推進されることを期待するものであります。

表紙・目次

1イドラインの概要

  • (1)目的
  • (2)位置づけ
  • (3)適用範囲
  • (4)活用時期
  • (5)他事業者への周知

2本方針

  • (1)県全体の景観形成の基本方針
  • (2)-1共事業における景観形成の取組方針
  • (2)-2共事業における景観形成の取組方針

3本的事項

  • (1)景観形成の基本理念
  • (2)法令等の遵守と公共施設管理者からの積極的な取組
  • (3)意識の醸成と人材育成
  • (4)環境の保全と向上
  • (5)地域の特性を生かし、活性化につなげる

4階別配慮事項

  • (1)構想段階
  • (2)計画段階
  • (3)設計段階
  • (4)施工段階
  • (5)維持管理段階

5通指針

  • (1)法面
  • (2)擁壁
  • (3)護岸
  • (4)防護柵
  • (5)舗装
  • (6)標識・公共広告物
  • (7)照明施設
  • (8)植栽・緑化・緑地保全
  • (9)占用物・設備類・その他工作物等

6設別指針

  • (1)道路
  • (2)橋梁
  • (3)河川
  • (4)公園・緑地
  • (5)港湾・漁港
  • (6)海岸
  • (7)ダム・堰堤
  • (8)急傾斜地崩壊対策施設
  • (9)用地造成
  • (10)公共建築物
  • (11)農地整備
  • (12)森林整備

巻末

観法に関連する用語の解説

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部美しい宮崎づくり推進室美しい宮崎づくり推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-24-0041

ファクス:0985-32-4456

メールアドレス:utukushii@pref.miyazaki.lg.jp