トップ > 健康・福祉 > 医療 > 医薬品 > 平成31年度宮崎県献血推進計画について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

平成31年度宮崎県献血推進計画について

「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律」(昭和31年法律第160号)第10条第4項の規定に基づき、宮崎県における平成31年度の献血の推進に関する計画を定めました。

なお、本計画については平成31年2月18日に開催した「平成30年度宮崎県献血推進協議会」において協議しています(議事概要へリンク)。

第1節平成31年度に確保すべき血液の目標量等

本県の輸血用血液製剤の需要見込み及び、国から割り当てられた原料血漿確保目標量等を考慮し、平成31年度に確保すべき血液の目標量、献血者数の目標を定める。

1.血液の目標量

献血者から得られる血液量は、全血献血により12,159L、成分献血により5,409L(血小板献血2,667L、血漿献血2,742L)の17,568Lとする。

表:平成31年度血液の目標量(L)

全血献血12,159

成分献血5,409

合計

200mL献血

400mL献血

血小板献血

血漿献血

37

12,122

2,667

2,742

17,568

2.献血者の目標数

(1)献血者数

平成31年度の献血者の目標数は、40,621人とする。

表:献血者の目標数(人)
 

献血の種類

合計

全血献血

成分献血

200mL献血

400mL献血

平成31年度

187

30,304

10,130

40,621

(2)移動献血車(バス)による市町村別献血者数

移動献血車(バス)を円滑に受け入れるため、地域の実情に応じ、市町村ごとに市町村別献血計画を策定する。

第2節前節の目標を確保するために必要な措置に関する事項

は市町村、日本赤十字社宮崎県支部及び宮崎県赤十字血液センターと協力し、献血について県民の理解を深めるため、普及啓発活動及び献血運動推進県民大会の開催等の具体的な事業を実施する。学生献血推進協議会と連携し、若年層の意見の取り込みを図る。

また、献血の推進に当たっては、若者に献血思想の普及を図るとともに、成分献血及び400mL献血への理解と協力を求めるため、各般の事業を展開する。

1.普及啓発活動の実施

  • (1)献血会場等における成分献血、400mL献血の推進
    • 赤十字奉仕団、学生献血推進協議会による呼びかけ【通年】
  • (2)町、総ぐるみ献血参加運動【通年】
  • (3)複数回献血、成分献血確保対策
    • ラブラッド(複数回献血クラブ)登録推進【通年】
    • 献血の情報及び成分献血協力企業名等を新聞に掲載【年2回】
  • (4)高校での献血と触れ合う機会の推進
    • 献血セミナーの実施【通年】
    • 学校献血の実施【通年】
  • (5)全国統一キャンペーン
    • こいのぼり献血【5月】
    • 愛の血液助け合い運動【7月】
    • クリスマス献血【12月】
    • はたちの献血【1月~2月】
  • (6)夏休み献血教室、献血ルーム親子見学会【7月】
  • (7)中学生用啓発ポスター、高校生啓発テキストの配布【3月】

2.献血運動推進県民大会の開催

成31年度みやざき愛の献血運動推進県民大会【10月】

3.献血体制の推進

  • (1)会議・研修会の開催
    • ライオンズクラブ献血推進セミナー等研修会【8月】
    • 宮崎県輸血懇話会【11月】
    • 宮崎県合同輸血療法委員会研修会【2月】
    • 平成31年度宮崎県献血推進協議会【2月】
    • 各保健所献血推進連絡協議会【2月~3月】
  • (2)血液検査成績通知サービスの実施【通年】

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部医療薬務課薬務対策室薬務担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7060

ファクス:0985-32-4458

メールアドレス:yakumutaisaku@pref.miyazaki.lg.jp