トップ > 健康・福祉 > 医療 > 医薬品 > ゲル充填人工乳房及び皮膚拡張器植込み患者等に対する情報提供について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年10月17日

ゲル充填人工乳房及び皮膚拡張器植込み患者等に対する情報提供について

このことについて、一般社団法人日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会、一般社団法人日本形成外科学会、一般社団法人日本乳癌学会及び一般社団法人日本美容外科学会は、患者に向けた情報提供資料を改訂し、別添のとおり公表しました。

当該情報提供文書においては、特にゲル充填人工乳房が植え込まれている方への情報提供として、症状のない方に対する予防的なゲル充填人工乳房の摘出を行う必要はないとされています。また、ゲル充填人工乳房の破損や合併症の早期発見のために、自己検診と医療機関での定期検診を継続して行うことが推奨されています。

詳細は、以下の情報提供文書を御確認ください。

情報提供文書

以下の情報提供文書は、一般社団法人日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会ホームページ(外部サイトへリンク)からも入手可能です。

その他参考資料

厚生労働省通知

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部医療薬務課薬務対策室薬務担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7060

ファクス:0985-32-4458

メールアドレス:yakumutaisaku@pref.miyazaki.lg.jp