トップ > 観光・文化・交流 > 国際交流 > 宮崎県パスポートセンター > その他(海外危険情報等、未成年者の申請、刑罰等関係欄に該当する方、その他未受領の場合等)

ここから本文です。

更新日:2021年10月27日

その他(海外危険情報等、未成年者の申請、刑罰等関係欄に該当する方、その他未受領の場合等)

海外危険情報等

海外危険情報・渡航に際しての登録

海外安全ホームページ

外の治安情勢や注意事項などの情報を提供します。

外務省海外旅行登録「たびレジ」

航先の安全情報や緊急時の連絡の受け取りが可能になります。

中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル

中堅・中小企業が、海外において最低限執るべき安全対策について、劇画・動画により解説します。

米国へ渡航される方へ

ESTA(電子渡航認証システム)のご案内はこちらです。

海外旅行者のための感染症情報

海外旅行者のための動物検疫に関する情報

海外では、家畜の悪性伝染病である口蹄疫や高病原性インフルエンザが発生しており、これら伝染病を国内に持ち込ませないための情報が提供されています。

未成年者の申請について

有効期間が5年のパスポートしか申請できません

未成年者(20歳未満の方)は有効期間が5年のパスポートしか申請できません。
また、申請書の裏面の「法定代理人署名」欄に親権をお持ちの方の署名が必要になります。

刑罰等関係欄に該当する方

以下の項目に該当する方はパスポートの発給に制限があります。事前に宮崎県オールみやざき営業課へご連絡ください。
発給が可能な場合でも、審査に2か月以上かかることがありますので、早めにご相談ください。

  • 外国で入国拒否、退去命令又は処罰されたことのある方
  • 現在、日本国法令により起訴され、判決確定前の方
  • 現在、日本国法令により仮釈放、刑の執行停止又は執行猶予の処分を受けている方、また、刑の執行を受けなければならない状態にある方
  • 旅券法違反で有罪となり、判決が確定したことのある方
  • 日本国旅券(パスポート)や渡航書を偽造したり、又は日本国旅券や渡航書として偽造された文書を行使して(未遂を含む)、日本国刑法により、有罪となり、判決が確定したことがある方
  • 「国の援助等を必要とする帰国者に関する領事館の職務等に関する法律」を適用され、外国から帰国したことのある方

未受領の場合

6ケ月経過により失効

パスポートの申請をしたにもかかわらず、パスポートを受け取らなかった場合、そのパスポートは6ケ月経過により失効してしまいます。
その後、再度申請する場合は、代理での提出ができないなど通常と手続が異なりますので、事前にパスポートセンターまでお問い合わせください。

海外旅行の際のご注意

外務省海外旅行登録「たびレジ」をご利用ください

たびレジは、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。メールの宛先として、ご自身のアドレス以外にご家族や職場のアドレスも登録できます。

詳しくは外務省海外旅行登録「たびレジ」(外部サイトへリンク)をご参照ください。

パスポートを大切に

海外においては、パスポートは命の次に大切な物といってもよいでしょう。不注意や盗難等によりパスポートをなくしてしまうと、出国も入国もできなくなるため旅行日程の変更をせざるを得ません。また、再発行までには時間がかかるため、余分に金銭的負担を強いられることになります。

パスポートは、なくしたり取られたりしないよう大切に保管しておきましょう。

パスポートと査証(ビザ)

パスポート窓口では、査証の申請及び査証に関する問い合わせについては取り扱っておりません。

パスポートと査証はまったく別のものです。

  • 査証とは渡航先の国が発行する「入国推薦」のようなものです。
  • 査証を取得するには渡航先国の領事館等に申請しなければなりませんが、旅行代理店等が代行して申請することもできます。
  • 査証の取得はパスポートを持っていることが前提条件となりますが、パスポートの残りの有効期間が渡航先の国によって定められた期間より短いと、査証を発行してもらえないことがあります。

査証取得に必要な書類、所要日数、発行手数料等は、申請する国、査証の種別、滞在期間などにより異なります。また、国・地域によっては、短期の観光旅行などの場合は査証が必要ありません。

査証申請についての詳しい情報は、渡航先の在日大使館へ直接問い合わせるか、各旅行業者に御相談ください。

パスポートの残存有効期間をご確認ください

短期の観光旅行などで査証が不要な場合でも、「パスポートに一定以上の有効期間が残っていること」という入国条件が付く国・地域があります。帰国予定日までパスポートが有効であっても、入国できない場合があります。現在有効なパスポートをお持ちの方は、海外旅行を計画する際には、その国・地域に渡航するために必要なパスポートの有効残存期間を確認してください。必要ならばパスポートの切替申請をしてください。(切替申請をすると、新しい旅券番号になることにもご注意ください。)

なお、各国・地域の入国条件については、頻繁に変更されることがあります。そのため、パスポート窓口では入国条件についてのお問い合わせは取り扱っておりません。渡航先の在日大使館に直接問い合わせるか、各旅行業者に御相談ください。

お問い合わせ

商工観光労働部観光経済交流局 オールみやざき営業課国際交流・旅券担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7268

ファクス:0985-26-7327

メールアドレス:allmiyazaki@pref.miyazaki.lg.jp