トップ > 観光・魅力 > 国際交流 > 宮崎県パスポートセンター > パスポートの記載事項に変更がある方

掲載開始日:2020年10月29日更新日:2022年12月7日

ここから本文です。

パスポートの記載事項に変更がある方

有効なパスポートをお持ちの方で、その記載事項(氏名や本籍地の都道府県等)に変更が生じた場合は、そのパスポートを返納していただいたうえで、次のいずれかの手続が必要となります。

注意事項

  • 記載内容が最新の戸籍謄(抄)本(令和5年3月27日以降は戸籍謄本のみ)が必要です。
  • 現在お持ちのパスポートを申請時にお預かりし、新しいパスポートを交付する際に失効処理をしてお返しします。
  • 旅券番号は引き継がれず、新たな番号が付与されます。

1.新しいパスポートの発給申請をする

たに有効期間10年(手数料16,000円)または5年(手数料11,000円、12歳未満は6,000円)のパスポートの申請を行なってください。お持ちのパスポートの残存有効期間は切捨てになります。必要書類は切替申請の場合と同一ですが、戸籍謄(抄)本(記載事項が最新のもの、令和5年3月27日以降は戸籍謄本のみ)も必要になりますのでご注意ください。

2.記載事項変更旅券の発給申請をする

在お持ちのパスポートと有効期間満了日が同一の新しいパスポート(記載事項変更旅券、手数料6,000円)の申請を行なってください。

必要書類

一般旅券発給申請書
(記載事項変更用)
1通
  • 申請書は、各パスポート窓口で入手できます。
  • 「ダウンロード申請書」を使用することもできます。
  • 申請書には原則ご本人直筆の署名が必要です。
  • 18歳未満の方は、親権者等の法定代理人署名も必要です。
戸籍謄(抄)本 1通
  • 記載内容が最新で、申請日から6か月以内に発行された原本(コピー不可)
  • 2枚以上のものは切り離さずそのままお持ちください。
  • 夫婦・親子など同じ戸籍内に記載されている方が、同時に申請される場合は、戸籍謄本1通で申請できます。
  • 令和5年3月27日以降の申請については、戸籍抄本での受付はできません。戸籍謄本の提出が必要となります。
  • 姓や本籍を変更したときにパスポートの変更手続を行わず、その後さらに転籍等を行なった場合、最新の戸籍に、パスポートに記載された姓や本籍が載っていないことがあります。この場合、パスポートと戸籍が同一人物のものであるかどうか確認できないため、除籍謄本等を提出していただくことがあります。
写真 1枚
  • 申請日から6か月以内に撮影されたもの
  • 縁なしで次の寸法を満たすもの

縦45mm、横35mm

頭頂から顎までが34mm(±2mmまで可)

頭頂から上の余白が4mm(±2mmまで可)

  • 規格に合わない場合は、お撮り直しをお願いすることがあります。
  • パスポート窓口での撮影はできませんので、あらかじめ写真をご用意下さい。

注意:詳しくはパスポート写真についてをご確認ください。

有効中のパスポート
  • 申請時にお預かりし、新しいパスポートを交付する際に失効処理をしてお返しします。
  • 旅券番号は引き継がれず、新たな番号が付与されます。

住民票の写し

(原則不要)

1通
  • 宮崎県内に住民登録されている方は不要です。
  • ただし、住基ネットの利用(無料)を希望されない方や、他の都道府県に住民登録をしている方で居所申請をされる場合は、住民票が必要です。記載内容が最新で、申請日から6か月以内に発行された原本をお持ちください。

パスポートの受取

  • 年齢に関係なく、必ず申請者本人が窓口にお越しください。代理受取はできません。
  • 「一般旅券引換証」と「手数料(印紙・証紙)」をお持ちください。
  • 手数料や所要日数については、手数料、所要日数のご案内をご確認ください。
 

お問い合わせ

商工観光労働部観光経済交流局 オールみやざき営業課国際交流・旅券担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-7327

メールアドレス:allmiyazaki@pref.miyazaki.lg.jp