更新日:2020年9月4日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対応従事者等慰労金(医療分)について

お知らせ

令和2年9月7日

令和2年9月4日

令和2年8月26日

  • 「医療機関等の申請マニュアル(宮崎県版)」「オンライン請求システム操作手順書」を一部修正しました。

令和2年8月12日

  • 「2.申請方法」に、「申請の際の留意点」を追加しました。
  • 「申請様式」の不具合を一部修正しました。

令和2年8月7日

  • 「申請様式」の不具合を一部修正しました。
  • 「リーフレット(宮崎県版)」「医療機関等の申請マニュアル(宮崎県版)」を一部修正しました。

令和2年8月4日

  • 「医療機関等の申請マニュアル(宮崎県版)」「オンライン請求システム操作手順書」を一部修正しました。

新型コロナウイルス感染拡大防止、収束に向けてウイルスに立ち向かい、医療に従事する職員の皆様に慰労金を支給します。

慰労金は、原則として医療機関等経由で支給しますので、医療機関等が対象職員分を取りまとめた上で申請をお願いします。

慰労金の申請受付は、令和2年10月31日(土曜日)までです。

《慰労金に関するお問い合わせ》

宮崎県新型コロナウイルス感染症慰労金・支援金コールセンター

電話:0985-68-3148(受付時間:午前9時~午後5時、土日祝日は除く)

 【重要】慰労金給付に係る協力のお願い

厚生労働省より、医療機関等における慰労金給付に係る協力依頼の通知が発出されました。

本事業は、慰労金を迅速に給付するための仕組みとして、医療機関等を通じた一括での代理申請をお願いしています。

対象となる医療従事者等や派遣労働者、業務受託者の従事者の方々に慰労金が確実に届けられるよう、特段のご配慮をお願いします。

医療機関等に勤務する医療従事者等に対する慰労金給付に係る協力の依頼について(令和2年度新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(医療分))(PDF:65KB)

1.支給対象者

  • 医療機関等(病院、診療所(歯科診療所を含む。)、訪問看護ステーション、助産所)に勤務し、患者と接する医療従事者や職員の方に慰労金(1人5万円、10万円、20万円)を支給します。
  • 「患者と接する」とは、医療機関等における業務の実情によるものであって、例えば、病棟や外来などの診療部門で患者の診療に従事したり、受付、会計等窓口対応を行う職員は通常該当します。また、診療には直接携わらないものの、医療機関内の様々な部門で患者に何らかの応対を行う職員等は医療機関における勤務実態等に応じて該当するものと考えられます。一方、医療を提供する施設とは区分された当該法人の本部等での勤務のみであったなどの場合は該当しないと考えられます。ただし、こうした法人本部等での勤務のみであるなどの、日常的には患者と接することが少ない医療従事者や職員であっても、例えば、病院の敷地内で、対面する、会話する、同じ空間で作業するなど、医療機関内で患者に何らかの応対を行うことになっている場合には患者と接する医療従事者や職員に含まれます。各医療機関等において、勤務内容によって判断ください。
  • 「患者」には、新型コロナウイルス感染症患者に限らず、他の疾病による患者も含まれます。
  • 令和2年3月4日から令和2年6月30日までに、医療機関等で10日以上勤務した方が対象となります。ただし、帰国者・接触者外来を設置する医療機関の場合は、県から当該役割を設定された日又は令和2年3月4日のいずれか早い日から令和2年6月30日までに、医療機関等で10日以上勤務した方が対象となります。
  • 職員の職種は問いません。また、常勤の職員だけでなく、非常勤の職員も対象となります。
  • 医療機関等で仕事をする委託会社・派遣会社の医療従事者等も、医療機関における業務の実情に応じて給付の対象となります。

リーフレット(宮崎県版)(PDF:944KB)

2.申請方法

7月受付分の申請書類について、不備が多くあった事項をとりまとめました。ご確認をお願いします。

各医療機関等が対象職員分を取りまとめた上で、宮崎県国民健康保険団体連合会(以下「国保連」という。)へ申請してください。申請方法の優先順位は、下記1.→2.→3.→4.の順で、お願いします。

1.オンライン請求システム→2.Web申請受付システム→3.電子媒体(CD-R等)郵送→4.紙媒体郵送

(1)インターネット環境に対応している医療機関等

  1. 国保連の「オンライン請求システム」(医療機関等が毎月の診療報酬請求事務で使用しているシステム)による申請
  2. 「オンライン請求システム」未導入の医療機関等は、慰労金事業専用の「Web申請受付システム」による申請
    • 本事業専用の以下の「Web申請受付システム」にアクセスし、メールアドレスを登録して、仮パスワードが送付された後、利用者登録を行なってください。登録が完了したら、作成した申請様式を取り込んでください。
      受付期間については、「3.受付期間等」をご覧ください。
    • 【申請様式(オンライン請求システム、Web申請受付システム、電子媒体(CD-R等)送付用)】
    • (注意)申請様式にはマクロが組み込まれており、Excel2013以上での環境での使用を推奨しています。また、Macをご使用されている場合等、ご使用のパソコンの環境などにより正常に作動しない場合もありますので、その場合は紙媒体での申請をお願いします。

(2)インターネット環境に対応していない医療機関等

  1. 電子媒体(CD-R等)を国保連へ郵送
  2. 電子媒体による提出が困難な場合は、紙媒体を国保連へ郵送

3.電子媒体(CD-R等)を国保連へ郵送」の方法による場合、申請書様式は「(1)インターネット環境に対応している医療機関等」の欄に掲載されている申請様式を使用してください。

(申請書(電子媒体(CD-R)又は紙で提出する場合のみ)の郵送先)

〒880-8581
宮崎市下原町231番地1
宮崎県国民健康保険団体連合会

医科の場合→審査第1課宛
歯科・訪問看護ステーション→審査第2課宛
助産所→情報・介護課宛

(注意)封筒に「慰労金(医療)申請書在中」と朱書きしてください。

3.受付期間等

  1. オンライン請求システム→毎月15日~月末、8時~21時まで
    • 初回申請受付は7月31日まで、8月以降の受付は、毎月15日~末日までです。
  2. Web申請受付システム→毎月15日~月末、8時~21時まで
    • 初回申請受付は7月31日まで、8月以降の受付は、毎月15日~末日までです。
  3. 電子媒体(CD-ROM等)→毎月15日~月末(消印有効)
  4. 紙媒体→毎月15日~月末(消印有効)

(注意)毎月1日~14日は受付できませんので、ご留意ください。

  • 【医療機関等への振り込み予定日】
    • 毎月、月末締め・翌月末払いとなります。

 4.実績報告

慰労金の給付を受けた医療機関等におかれましては、委託会社等の医療従事者等を含めて、医療従事者等への慰労金の給付が終わった後、おおむね1か月程度のうちに、宮崎県健康増進課へ慰労金の給付実績を報告してください。(実績報告に関する内容については、「医療機関等の申請マニュアル(宮崎県版)38ページにも記載していますのでご覧ください。)

なお、振込手数料について、交付額より実際にかかった費用が少なかった場合、差額を返金いただくことになります。対象の医療機関等へは、実績報告書の内容が確認でき次第、納付書をお送りしますので、期限内の返納をお願いします。

(注意)交付額より実際にかかった費用が多かった場合の追加給付はありません。

実績報告に必要な書類等】

  1. 実績報告書(様式第7号・第8号)
    (注意)「申請様式(オンライン請求システム、Web申請受付システム、電子媒体(CD-R等)送付用)」にも実績報告書は含まれていますが、説明書きを加えた以下の様式をご活用ください。
  2. 慰労金を職員等へ給付した際の証ひょう
    (個人ごとの振込の記録や現金で給付した場合の受領簿など、「給付した相手方の氏名」「給付日」「給付額」がわかる書類)
    • 注意:委託業者等に雇用される者に委託業者等経由で給付を実施した場合は、当該委託業者等が委託業者等に雇用される者に給付を行なったことが確認できる証ひょうも必要です。
  3. 慰労金の給付にあたって振込手数料を要した場合は、振込手数料の実際の支出額が分かる書類
    (振込手数料の給付を受けていない場合は提出不要です。)

(実績報告書の郵送先)
〒880-8501(注意:住所は記載不要です)
宮崎県福祉保健部健康増進課宛て
(注意)封筒に「慰労金(医療)実績報告書在中」と朱書きしてください。

5.医療機関等を退職された皆様

(申請書の郵送先)
〒880-8501(注意:住所は記載不要です)
宮崎県福祉保健部健康増進課宛て
(注意)封筒に「慰労金(医療)申請書在中」と朱書きしてください。

6.よくある質問

7.参考

8.慰労金の制度や申請方法等に関するお問い合わせ

医療分慰労金について」とお伝えください。

宮崎県新型コロナウイルス感染症慰労金・支援金コールセンター

  • 電話:0985-68-3148
  • 受付時間:午前9時~午後5時、土日祝日は除く

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。