トップ > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 高齢者福祉 > 高齢者虐待の防止のために

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年5月23日

高齢者虐待の防止のために

高齢者虐待防止法について

高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(高齢者虐待防止法)」が平成18年4月1日に施行されました。この法律では、高齢者虐待の定義や高齢者虐待に対する対応方法等を定めています。

 高齢者虐待防止とは?

高齢者虐待防止法では、高齢者虐待を、65歳以上の高齢者に対して、養護者(高齢者を現に養護する者であって養介護施設従事者等以外のもの)及び養介護施設従事者等によって行われる行為とし、次の5つに分類しています。

身体的虐待

高齢者の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること

【具体的な例】

  • 平手打ちをする、つねる、殴る、蹴る、やけど・打撲をさせる
  • ベッドに縛り付けたり、意図的に薬を過剰に服用させたりして、身体拘束、抑制をするなど

介護・世話の放棄、放任

高齢者を衰弱させるような著しい減食又は長時間の放置、養護者以外の同居人による身体的虐待、心理的虐待、性的虐待と同様の行為の放置等養護を著しく怠ること

【具体的な例】

  • 入浴しておらず異臭がする、髪が伸び放題だったり、皮膚が汚れている
  • 水分や食事を十分に与えられていないことで、空腹状態が長時間にわたって続いていたり、脱水症状や栄養失調の状態にある
  • 室内にごみを放置するなど、劣悪な住環境の中で生活させる
  • 高齢者本人が必要とする介護・医療サービスを、相応の理由なく制限したり使わせないなど

心理的虐待

高齢者に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応その他の高齢者に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと

【具体的な例】

  • 排泄の失敗を嘲笑したり、それを人前で話すなどにより高齢者に恥をかかせる
  • 怒鳴る、ののしる、悪口を言う
  • 侮辱を込めて子供のように扱う
  • 高齢者が話しかけているのを意図的に無視するなど

性的虐待

高齢者にわいせつな行為をすること又は高齢者をしてわいせつな行為をさせること

【具体的な例】

  • 排泄の失敗に対して懲罰的に下半身を裸にして放置する
  • キス、性器への接触、性行為を強要するなど

経済的虐待

高齢者の財産を不当に処分することその他高齢者から不当に財産上の利益を得ること

【具体的な例】

  • 日常生活に必要な金銭を渡さない、使わせない
  • 本人の自宅等を本人に無断で売却する
  • 年金や預貯金を本人の意思・利益に反して使用するなど

ページの先頭へ戻る

 高齢者虐待に気づくために

高齢者虐待は、虐待をしている養護者本人には虐待をしているという認識がない場合が多く、また虐待を受けている高齢者自身も養護者をかばう、知られたくないなどの思いがあるため発見しにくい状況にあります。

そのため、高齢者虐待を早期に発見するためには、近隣住民をはじめ地域の関係者が、虐待を疑わせる「サイン」を見逃さず、いち早く気づくことが大切です。

虐待を疑わせる「サイン」には次のようなものがあります。

身体的虐待を疑わせるサイン

  • 身体に小さな傷が頻繁にみられる
  • 太腿の内側や上腕部の内側、背中等に傷やみみずばれがみられる
  • 回復状態が様々な段階の傷、あざ等がある
  • 頭、顔、頭皮等に傷がある
  • 臀部や手のひら、背中等にやけどや、やけど跡がある
  • 急におびえたり、恐ろしがったりする
  • 「怖いから家にいたくない」等の訴えがある
  • 傷やあざの説明のつじつまが合わない
  • 主治医や保健・福祉の担当者に話すことや援助を受けることに躊躇する
  • 主治医や保健・福祉の担当者に話す内容が変化し、つじつまが合わない

養護を著しく怠っていることを疑わせるサイン

  • 居住部屋、住居が極めて非衛生的になっている、また異臭を放っている
  • 部屋に衣類やおむつ等が散乱している
  • 寝具や衣服が汚れたままの場合が多くなる
  • 汚れたままの下着を身に着けるようになる
  • かなりの褥そうができてきている
  • 身体からかなりの異臭がするようになってきている
  • 適度な食事を準備されていない
  • 不自然に空腹を訴える場面が増えてきている

心理的虐待を疑わせるサイン

  • かきむしり、噛みつき、ゆすり等がみられる
  • 不規則な睡眠(悪夢、眠ることへの恐怖、過度の睡眠等)を訴える
  • 身体を萎縮させる
  • おびえる、わめく、泣く、叫ぶなどの症状がみられる
  • 食欲の変化が激しく、摂食障がい(過食、拒食)がみられる
  • 自傷行為がみられる
  • 無力感、あきらめ、なげやりな様子になる
  • 体重が不自然に増えたり、減ったりする

性的虐待を疑わせるサイン

  • 不自然な歩行や座位を保つことが困難になる
  • 肛門や性器からの出血や傷がみられる
  • 生殖器の痛み、かゆみを訴える
  • 急におびえたり、恐ろしがったりする
  • 人目を避けるようになり、多くの時間を一人で過ごすことが増える
  • 主治医や保健・福祉の担当者に話すことや援助を受けることに躊躇する

経済的虐待を疑わせるサイン

  • 年金や財産収入があることが明白なのにもかかわらず、お金がないと訴える
  • 自由に使えるお金がないと訴える
  • 経済的に困っていないのに、利用者負担のあるサービスを利用したがらない
  • お金があるのに、サービスの利用料や生活費の支払いができない
  • 資産の保有状況と衣食住等の生活状況との落差が激しくなる
  • 預貯金が知らないうちに引き出された、通帳がとられたと訴える

家族の状況にみられるサイン

  • 高齢者に対して冷淡な態度や無関心さがみられる
  • 高齢者の世話や介護に対する拒否的な発言がしばしばみられる
  • 他人の助言を聞き入れず、不適切な介護方法へのこだわりがみられる
  • 高齢者の健康や疾患に関心がなく、医師への受診や入院の勧めを拒否する
  • 高齢者に対して過度に乱暴な口のきき方をする
  • 経済的に余裕があるように見えるのに高齢者に対してお金をかけようとしない
  • 保健や福祉の担当者と会うことを嫌うようになる

地域からのサイン

  • 自宅から高齢者や介護者・家族の怒鳴り声や悲鳴等が聞こえる
  • 庭や家屋の手入れがされていない、又は放置の様相を示している
  • 郵便受け等が一杯になっていたり、電気メーターが回っていない
  • 気候や天気が悪くても、高齢者が長時間外にいる姿がしばしばみられる
  • 家族と同居している高齢者が、コンビニやスーパー等で、一人分のお弁当等を頻繁に買っている
  • 近所づきあいがなく、訪問しても高齢者に会えない、又は嫌がられる
  • 高齢者が道路に座り込んでいたり、徘徊している姿がみられる

ページの先頭へ戻る

 虐待に気づいたら市町村へ(市町村相談窓口)

高齢者虐待を受けたと思われる高齢者を発見した場合は、一人で悩まずに、市町村の高齢者虐待防止に関する窓口にご連絡ください。

各市町村の担当窓口は次のとおりです。

高齢者虐待防止に係る市町村窓口一覧表(平成30年4月1日現在)

市町村 所属 連絡先
電話番号 ファックス番号
宮崎市 介護保険課 0985-21-1777 0985-31-6337
都城市 介護保険課 0986-23-3184 0986-23-2143
延岡市 高齢福祉課 0982-22-7016 0982-26-8227
日南市 長寿課 0987-31-1162 0987-21-1410
小林市 長寿介護課 0984-23-1140 0984-23-4934
日向市 高齢者あんしん課 0982-52-2111 0982-56-1423
串間市 福祉事務所 0987-72-1123 0987-72-0310
西都市 福祉事務所 0983-32-1010 0983-41-1678
えびの市 地域包括支援センター 0984-35-1112 0984-35-0653
三股町 福祉課 0986-52-9062 0986-52-0001
地域包括支援センター 0986-52-8634 0986-52-0001
高原町 町民福祉課 0984-42-1067 0984-42-4623
地域包括支援センター 0984-42-2550 0984-42-4550
国富町 保健介護課 0985-75-9423 0985-75-9400
綾町 福祉保健課 0985-77-1114 0985-77-2094
高鍋町 健康保険課 0983-26-2008 0983-23-6303
地域包括支援センター 0983-32-6600 0983-32-6601
新富町 福祉課 0983-33-6056 0983-33-4862
西米良村 福祉健康課 0983-36-1114 0983-36-1540
木城町 福祉保健課 0983-32-4733 0983-32-3440
地域包括支援センター 0983-32-2729 0983-32-2737
川南町 福祉課 0983-27-8008 0983-27-1767
地域包括支援センター 0983-21-3288 0983-21-3277
都農町 福祉課 0983-25-5714 0983-21-2017
門川町 福祉課 0982-63-1140 0982-63-1356
諸塚村 住民福祉課 0982-65-1119 0982-65-0032
地域包括支援センター 0982-50-8577 0982-65-0717
椎葉村 福祉保健課 0982-68-7512 0982-68-7511
地域包括支援センター 0982-68-7513 0982-68-7511
美郷町 健康福祉課 0982-66-3610 0982-66-3137
高千穂町 地域包括支援センター 0982-72-6900 0982-73-1707
日之影町 町民課 0982-87-3902 0982-87-3912
地域包括支援センター 0982-87-2741 0982-73-7543
五ヶ瀬町 福祉課 0982-82-1702 0982-82-1722
地域包括支援センター 0982-82-1248 0982-82-1722

ページの先頭へ戻る

 高齢者虐待防止に関するリーフレット

高齢者虐待防止に資するため、高齢者虐待防止に関するリーフレットを作成しました。

高齢者虐待に関する考え方や相談・連絡先などをまとめていますので、幅広くご活用ください。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7059

ファクス:0985-26-7344

メールアドレス:choju@pref.miyazaki.lg.jp