トップ > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 高齢者福祉 > 平成28年度「心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会」短歌トーク・短歌シンポジウム

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2017年1月24日

平成28年度「心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会」短歌トーク・短歌シンポジウム

平成28年12月10日土曜日に、メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)におきまして、平成28年度宮崎ねんりんフェスタが開催され、高齢者の各種表彰、短歌トーク、短歌シンポジウムが行われました。

心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会短歌トーク~老いて歌おうそして元気に~

短歌トークでは、「老いて歌おうそして元気に」と題し、短歌大会の選者で歌人の伊藤一彦さんの進行で、入賞者やゲストの坪内稔典さん(俳人・歌人)、俵万智さん(歌人)、河野俊嗣宮崎県知事を交えて、入賞作品の生まれた背景や感想が語られています。

老いて歌おう20年記念シンポジウム歌のよろこび人のよろこび~

短歌シンポジウムでは、「歌のよろこび人のよろこび」と題し、伊藤一彦さん、坪内稔典さん、俵万智さんがパネリストとして、これまでの短歌大会を始め、若山牧水の作品・人物像、短歌と俳句の違い、パネリストの作品等、幅広いテーマについて語られています。

「心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会」について

全国の介護や支援を受けている高齢者と、その家族や施設職員等、また医療・介護を学ぶ学生の方々から幅広く作品を募集し、優秀作品の表彰や全応募者の作品を収めた短歌集の発刊等を通じて、これらの方々の生きがいづくりや社会参加を進めるとともに、高齢社会に対する理解を深めていただくことを目的としています。

平成28年度最優秀賞作品

  1. 要介護、要支援高齢者\の部
    • 誰もみな吾より強く穏やかに見える日ありて呆(ほう)けもまたよき
    • (杉田樹子さん94歳宮崎県
  2. 介護者の部
    • 触(さわ)るなと夫の言うにもふざけつつ冷たい手指をしっかり握る
    • (三嶋洋子さん76歳宮崎県

その他の入選作品につきましては、以下のURLよりご覧ください。

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課高齢化対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7059

ファクス:0985-26-7344

メールアドレス:choju@pref.miyazaki.lg.jp