トップ > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 高齢者福祉 > 平成29年度介護ロボット導入調査検証事業の結果報告について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年5月23日

平成29年度介護ロボット導入調査検証事業の結果報告について

介護ロボットについては、要介護高齢者の増加など介護ニーズが増大する中で、高齢者の自立支援や介護者の負担軽減に資する観点から、その有効性が期待されています。
そこで、本県では、介護ロボットを試験的に導入し、介護職員に性能や運転技術を認知してもらうとともに、介護職員の業務負担軽減への有効性を検証し、労働環境の改善につなげるための事業として、平成29年度に「介護ロボット導入調査検証事業」を行いました。

事業内容について

次の内容を実施しました。

  • 介護ロボットを施設に貸与し、効用を検証(県内の12の介護老人保健施設に貸与)
  • 介護ロボット使用の有用性や介護業務の負担軽減などの評価について各施設からヒアリング
  • 介護ロボットに対する意識調査
  • 介護ロボットの活用現場の見学会

委託先

公益社団法人宮崎県老人保健施設協会

調査検証結果

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課施設介護担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7058

ファクス:0985-26-7344

メールアドレス:choju@pref.miyazaki.lg.jp