山内多門(やまうちたもん)1878(明治11)年〜1932(昭和7)年


●中央画壇で頭角現す
 明治後期から昭和初期にかけて中央の日本画壇を風靡(ふうび)した山内多門は1878(明治11)年、現在の都城市東町に生まれた。16歳のとき都城最後の狩野派の画人・中原南渓に師事した。1899(同32)年上京し円山四条派の雄・川合玉堂の門下生となった。翌年、玉堂の勧めで狩野派の重鎮・橋本雅邦の門に移った。門下生による二葉会展で「枯野之王」が1等、1907(同40)年の勧業博覧会で1等に入るなど中央画壇で頭角を表していく。わが国で初めての官展とされ、近代画壇の新しい方向を示した文展(文部省美術展)の第1回展で多門の「驟(しゅう)雨」は上村松園や安田靫彦らとともに3等賞を受賞、山水画家としての地位を固めた。
 その後も文展を主な制作発表の舞台として「群上十二景」「雨三題」など話題作を描き続けた。この間、岡倉天心に抜てきされ国画玉成会の審査員も務めた。1918(大正7)年、文展が終止符を打ち、代わりに翌年からスタートした第1回帝国美術院展で多門の「天竜四季」が最高賞を受賞。第2回展で審査員に選ばれ、1924(同13)年、ついに主任審査員までなった。
 そのころから多門に弟子入りする人たちが全国から集まり、100人を超えた。その中から同郷の大野重幸(院展無鑑査)や岩橋英遠(文化功労者)らが出ている。晩年は明治神宮外苑(がいえん)にある絵画館の壁画などを制作していた。遺作展は1936(昭和11)年東京都立美術館で開かれた。(古垣 隆雄)
メモ
 身の丈6尺(180センチ)弱、武骨な剣客風の風ぼうに似合わず性格は極めて穏健で気配りの人だった。上京して人気絶頂の多門に金品をねだる同郷の人もいたが、絵筆を置き、浅草に案内してごちそうしたり、子供がいればおもちゃを買い与えた。また長男の多美夫が結核にかかったとき、母の敏子は伝染を恐れ見舞いに行かなかったが、名門は周囲が止めるのも振り切って見舞いを続けた。このため多門も感染し静養を強いられた。最晩年のある日、お客をもてなすため舟釣りを楽しんだ後、川に入って投げ網を打った。結核は悪化し1932(昭和7)年55歳の若さで生涯を閉じた。都城から葬儀に駆けつけたのは無名時代の多門とパンを分けあってひもじさをしのいだ親類の藤井氏衛だけだった。


山内多門の写真
山内 多門







金剛山の画像
韓国へ取材旅行して描いた「金剛山」

目次へ
37 内藤 英子のページへ
39 益田 玉城のページへ