掲載開始日:2022年5月30日更新日:2022年8月5日

ここから本文です。

武田社ワクチン(ノババックス)について

接種を受けることができる医療機関

接種可能な医療機関について、医療圏ごとに一覧表にまとめています。
以下の「接種医療機関一覧表」をクリックし御確認ください。

武田社ワクチン(ノババックス)とは

令和4年4月19日、組換えスパイクタンパクを抗原とした新型コロナウイルス感染症ワクチンの武田社ワクチン(ノババックス)について、厚生労働省から18歳以上を対象とする初回接種(1、2回目接種)及び追加接種(3回目接種)に対する製造販売承認がなされました。
令和4年7月22日、初回接種の対象年齢について「18歳以上」から「12歳以上」に引き下げられました。

組換えたんぱくワクチン

ウイルス抗原(新型コロナウイルスのスパイクタンパク)の遺伝子をもとに、昆虫細胞を用いて発現させた遺伝子組み換えタンパク質をナノ粒子化して製造されたワクチンです。
免疫の活性化を促進する(ワクチンの効果を高める)ために、キラヤ植物の樹皮から抽出した成分をもとに作られたケージ様の粒子で構成されるアジュバンドという物質が添加されています。

  • 組換えタンパクワクチンは、不活化ワクチンの一種です。
  • 不活化ワクチンは、B型肝炎ウイルスワクチン、ポリオ、インフルエンザ等のワクチンで使用されており、長期の使用実績があります。

有効成分等の図

(令和4年3月24日開催第31回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より)

作用機序

ノババックスを接種することにより、免疫の一種である抗原定時細胞が新型コロナウイルスの組換えスパイクタンパク質を取り込みます。
リンパ組織において、免疫系での情報の伝達により、新型コロナウイルス感染症に対する抗体が産生されます。
アジュバンドは接種部位、リンパ組織での免疫細胞の働きを促進します。

作用機序の図

(令和4年3月24日開催第31回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より)

成分について(ワクチン接種を受ける人へのガイドより)

ワクチンに含まれている成分は以下のとおりです。

有効成分

SARS-CoV-2rS

添加剤

Matrix-A、Matrix-C、コレステロール、ホスファチジルコリン、リン酸水素二ナトリウム二水和物、リン酸に水素カリウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、リン酸水素二ナトリウム七水和物、リン酸二水素ナトリウム一水和物、ポリソルベート80、pH調節剤

注意:Matrix-A、Matrix-Cは、キラヤ植物の樹皮から得られた抽出物、コレステロール及びホスファチジルコリン(界面活性作用等)からなる添加剤。ポリソルベート80は、水に溶けにくい薬剤の可溶化やタンパク製剤の安定化に用いられます。

効能効果、有効性について

効能又は効果

  • 新型コロナウイルスによる感染症の予防(ノババックス添付文書より)

有効性(令和4年4月27日開催第32回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より)

  • ノババックスの初回接種(1,2回目接種)後約3か月間における野生株・アルファ株・ベータ株・ガンマ株に対する感染症予防効果は90.4%であったとの報告がなされています。
  • 従来株に対する中和抗体価は、2回目接種後14日時点と比較して、3回目接種後28日時点では約4倍に上昇するとの報告がなされています。
  • オミクロン株に対する効果についての知見は限定的ですが、ノババックスの投与により初回接種(1,2回目接種)後、3回目の接種後ともに中和抗体価が上昇するとの報告があります。

安全性、副反応について

安全性について(令和4年4月27日開催第32回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より)

  • 18歳以上の者について、初回接種後7日までの局所・全身反応は軽度~中等度で一過性であり、追跡期間中に安全性の懸念は認められなかったとの報告がなされています。
  • 3回目接種後の有害事象の多くは軽度から中等度であり、速やかに回復したとの報告があります。

交互接種を行なったときの有効性、安全性について(令和4年4月27日開催第32回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より)

  • 初回接種において他のワクチン接種とノババックス接種の交互接種を行なった場合や、3回目接種における交互接種を行なった場合は、有意に抗体価(抗体の量)が上昇すると報告されています。
  • 初回接種や3回目接種で他のワクチン接種とノババックスを用いて交互接種を行なった場合の安全性は許容されるとの報告がなされています。

副反応について(「ワクチン接種を受ける人へのガイド」、「ヌバキソビッド(武田社)について新型コロナワクチン接種のお知らせ」より)

  • 重大な副反応
    いくつかの症状が同じような時期に現れることが一般的です。このような場合には直ちに医師に相談してください。

重大な副反応

主な自覚症状

ショック

冷汗が出る、めまい、顔面蒼白、手足が冷たくなる、意識の消失

アナフィラキシー

全身の痒み、蕁麻疹、のどの痒み、ふらつき、動悸、息苦しい

 

  • その他の副反応
    接種後7日間に現れた症状

報告割合

1回目接種後

2回目接種後

3回目接種後

50%以上

 

圧痛

圧痛、疲労、疼痛、筋肉痛

10~50%

圧痛、疼痛、疲労、頭痛、筋肉痛、倦怠感

疼痛、疲労、筋肉痛、頭痛、倦怠感、関節痛

倦怠感、頭痛、関節痛、発熱、悪心・嘔吐、腫脹・硬結、紅斑

1~10%

関節痛、悪心・嘔吐、発熱

悪心・嘔吐、腫脹・硬結、紅斑、発熱

 

(注意)対象:1回目接種後253人、2回目接種後250人、3回目接種後97人

令和4年7月8日(金曜日)開催第81回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和4年度第6回・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会において、「ヌバキソビッド筋注接種後の心筋炎等について」検討が行われました。

  • 日本国内における副反応疑い事例について、医療機関又は製造販売業者から2件報告(11,333回接種)されていますが、心筋炎等に係る副反応疑い事例はありません。
  • 海外の添付文書ではオーストラリアの添付文書に心筋炎に関して記載がありますが、英国、EU、カナダでは心筋炎等に関して添付文書上で注意喚起はなされていません。
  • 海外での報告状況や添付文書改訂の状況を勘案し、日本においても添付文書を改訂し、接種後に心筋炎、心膜炎が疑われる症状が認められた場合には速やかに医師の診察を受けるよう事前に知らせることを注意喚起することとしました。

接種後に気を付けること

  • 接種後にショック(冷汗が出る、めまい、顔面蒼白、手足の冷感、意識の消失など)、アナフィラキシー(全身の痒み、蕁麻疹、のどの痒み、ふらつき、動機、息苦しい)が起こることがあります。接種後一定時間(少なくとも15分)は接種施設で待機し、このような症状が見られたらすぐに医師、看護師に申し出てください。
  • 接種後にショック、アナフィラキシーの症状が現れた方は、次回以降の接種において、ノババックスの接種は受けないでください。
  • 接種当日は、激しい運動は避け、接種部位を清潔に保つようにしてください。
  • 接種後の健康状態には十分に注意してください。接種部位の異常な反応や体調の変化、高熱、けいれんなどの異常を感じた場合は、すぐに医師の診察を受けてください。
  • 接種直後又は接種後に、血管迷走神経反射により失神することがあります。失神による転倒を避けるために、接種後は背もたれやひじ掛けのある椅子や体重を預けられるような場所で待機するようにしてください。
  • 他の医療機関を受診したり、他のワクチンを接種したりする場合は、必ずノババックスを接種したことを受診先の医師等にお伝えください。

(注意)血管迷走神経反射:注射を打った時の痛み、恐怖、(神経的な)興奮などによる刺激が脳神経の一つである迷走神経を介して中枢に伝わり、心拍数が減少したり血圧が低下したりすることがあります。そのため、気分が悪くなったり、めまいやふらつき、失神などが起こったりします。

接種当日に必ずお持ちいただくもの

  1. 接種券
  2. 予診票(あらかじめ記入の上、お持ちください)
  3. 1回でも接種を受けたことがある場合は、接種が確認できる書類(接種済証、接種記録書、接種証明書、新型コロナワクチン接種証明書アプリ)
  4. 本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)

接種の対象者について

  • 初回接種(1、2回目接種)は12歳以上、追加接種(3回目接種)は18歳以上の方
  • mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン(コミナティ筋注)、武田/モデルナ社ワクチン(スパイクバックス筋注))の成分に対してアレルギーのある方など

以下に、「接種を受けることができない方」、「接種を受けるのに注意が必要な方」をお示しします。
御自身が当てはまるかどうか、ワクチンを受けてもよいか御不明な方は、現在受診されている医療機関の医師、かかりつけの医師に御相談ください。
また、接種当日は、御自身の症状、飲んでいる薬等について、接種前の診察(問診)時に必ず申し出てください。

接種を受けることができない方

  • あきらかに発熱している方(注意1)
  • 重い急性疾患にかかっている方
  • ノババックスの成分で重い過敏症にかかったことがある方(注意2)
  • 上記以外に、医師に接種を行うことが不適当な状態にあると判断された方

(注意1)「あきらかな発熱」とは、通常37.5度以上を指します。ただし、平時の体温と比較して37.5度を下回る場合であっても、発熱していると判断される場合もありますので、御了承ください。

(注意2)全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等アナフィラキシーを疑う複数の症状

接種を受けるのに注意が必要な方

  • 血小板減少症又は凝固障がいのある方、抗凝固療法を受けている方
  • 過去に免疫に異常があると判断されたことがある方や両親や兄弟に先天性免疫不全症の方がいる方
  • 心臓や血管、腎臓、肝臓、血液の障がいや発育の障がいなどの基礎疾患がある方
  • 他のワクチンを受けて、2日以内に発熱があった方や全身性の発疹などアレルギーが疑われる症状が出たことがある方
  • 過去にけいれんを起こしたことがある方
  • ノババックスの成分に対してアレルギーを起こすおそれのある方
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方

接種スケジュールについて

接種スケジュールの図

初回接種

1回0.5mLを2回、通常、3週間の間隔で筋肉内に注射します。

  • 12歳以上の方が対象です。
  • 1回目の接種から3週間を超えた場合には、できる限り速やかに2回目の接種を受けていただくようお願いします。
  • このワクチンは2回の接種を受けることにより、効果が確認されていることから、2回の接種を受けてください。

追加接種(3回目接種)

1回0.5mLを筋肉内に注射します。

  • 18歳以上の方が対象です。ただし、追加接種の要否は医師により判断されます。

予防接種後健康被害救済制度について

予防接種は、感染症を予防するために重要なものですが、接種により健康被害(病気にり患したり、障がいが残ったりすること。)が起こることがあります。極めてまれではありますが、副反応による健康被害をなくすことはできないことから救済制度が設けられています。

参照:厚生労働省のページ「予防接種健康被害救済制度について」(外部サイトへリンク)
参照:宮崎県ホームページ「新型コロナワクチン接種に係る健康被害救済制度について」

給付の種類

医療機関で医療を受けた場合
医療に要した費用(自己負担分)と医療を受けるために要した諸費用が支給されます。

医療費及び医療手当
障がいが残ってしまった場合

障がい児養育年金(18歳未満)又は障がい年金(18歳以上)

亡くなられた場合 葬祭料、死亡一時金

給付の流れ

給付の流れ

請求者(健康被害を受けた御本人やその家族)は、給付の種類に応じて(接種時の)住民票所在地の市町村窓口に申請します。
市町村窓口で請求書を受理した後、市町村が設置する予防接種健康被害調査委員会において、医学的な見地から当該事例について、調査し、因果関係が確認されたものについて、県を通じて国へ進達します。
国は、疾病・障がい認定審査委員会に諮問し、県を通じて市町村に通知します。
その後、給付が認められた事例に対して給付が行われます。

お問い合わせ

福祉保健部薬務対策課ワクチン確保・調整担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-3141

ファクス:0985-44-2753

メールアドレス:miyazaki-wakuchin@pref.miyazaki.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。