トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 宮崎県立美術館コレクション展(第4期)の開催について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年12月19日

宮崎県立美術館コレクション展(第4期)の開催について

崎県立美術館の収蔵作品を紹介するコレクション展。コレクション展は年に4回、多彩なテーマを設けて開催します。第4期では、郷土作家の瑛九を初め、三岸好太郎やシニャックなど国内外の名品はもちろん、「特集山田新一」「靉嘔の見た虹」など、多彩な切り口による約90点が無料でご覧いただけます。

第4期コレクション展ちらし

1

  • 会期:平成30年12月21日(金曜日)~平成31年4月7日(日曜日)
    • 一部展示室は1月9日(水曜日)から
  • 休館日:会期中の月曜日(祝休日を除く)、祝休日の翌平日
  • 開館時間:午前10時~午後6時(展示室への入室は午後5時30分まで)

2

  • 宮崎県立美術館1示室1・2・3

3

宮崎県立美術館の収蔵作品を次の4つのテーマで紹介します。観覧無料

名品セレクション菅井汲

ボナールやマグリット、三岸好太郎、堅山南風など、国内外及びシュルレアリスムの名品を紹介するとともに、2019年に生誕100年を迎える菅井汲の作品を特集展示します。

特集山田新一-宮崎の美術-1月9日(水曜日)から

宮崎県を代表する画家、山内多門や塩月桃甫などの作品を紹介するとともに、5月に生誕120年を迎える洋画家、山田新一にスポットをあてて紹介します。

靉嘔の見た虹1月9日(水曜日)から

様々なモティーフに虹を重ね、創造性豊かな作品をつくり出した靉嘔の作品を紹介します。

瑛九-宮崎にて-

瑛九の代表的な作品「宮崎郊外」、「田園B」などとともに、宮崎での活動や交流のあった作家などを特集展示します。

4ギャラリートーク

日時 テーマ 場所
平成31年1月13日(日曜日)午後2時~

第4期コレクション展の

見どころについて

1階コレクション展全室

お問い合わせ

宮崎県立美術館
〒880-0031宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
電話番号:0985-20-3792(代表)
ファックス番号:0985-20-3796
メールアドレス:bijutsukan@pref.miyazaki.lg.jp