トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > <ギャラリートークのみ中止>宮崎県立美術館コレクション展(第1期)の開催について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年4月8日

<ギャラリートークのみ中止>宮崎県立美術館コレクション展(第1期)の開催について

ギャラリートークは中止にしました。

美の魅力と出会う感動のひととき

に4回、多彩なテーマで当館の収蔵作品を紹介するコレクション展。今回は、ピカソや長谷川三郎らによる国内外の名品、本県を代表する画家、瑛九や山内多門らの代表的な作品など、約90点を選りすぐり、5つのテーマで紹介します。また、昨年度新収蔵となった森田子龍、井上有一の書を初公開します。観覧無料です。

第1期コレクション展

1

  • 会期:4月10日(金曜日)~6月23日(火曜日)
  • 休館日:会期中の月曜日(祝休日を除く)、祝休日の翌平日、6月15日(月曜日)~22日(月曜日)
  • 開館時間:午前10時~午後6時(展示室への入室は午後5時30分まで)

2

  • 宮崎県立美術館1コレクション展示室1・2・3、2レクション展示室4

3

宮崎県立美術館の収蔵作品を次の5つのテーマで紹介します。

名画セレクション+日本の前衛美術

物をモティーフとした作品に注目し、ピカソや中澤弘光などを紹介します。特集展示では、日本の前衛美術運動に関わった白髪一雄、長谷川三郎らとともに、昨年度新収蔵となった森田子龍と井上有一の書を紹介します。

宮崎の美術-咲きほこる花々

崎県を代表する画家、山内多門や塩月桃甫などの作品を紹介するとともに、多彩な表情を見せる花々をモティーフとした河村春生や小野彦三郎らの作品を紹介します。

日本の現代美術-松崎コレクションから

内の収集家である松﨑氏が収集し、当館に寄贈された国内版画のまとまったコレクションの中から、現在国内外で活躍中の草間彌生や横尾忠則などの作品を展示します。

没後60年九、点を描く。

で描くのではなく、点を描く。点で具体物を描くのではなく、抽象として点を描く瑛九。絶筆の「つばさ」や「ブーケ(花束)」など晩年の点描にいたるまでの、丸から点への変遷を紹介します。

ポーズ-人体の美しさ

きや感情、人体の美しさを引き出す、様々なポーズに着目し、ファッツィーニやグレコらイタリア近現代彫刻の名品を紹介します。

4ギャラリートーク(中止にしました。)

日時 テーマ 場所

4月12日(日曜日)午後2時~

第1期コレクション展の見所 コレクション展全室

5月3日(日曜日)午後2時~

国内外の名品 展示室1
  • 各回30分程度

お問い合わせ

宮崎県立美術館
〒880-0031宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
電話番号:0985-20-3792(代表)
ファックス番号:0985-20-3796
メールアドレス:bijutsukan@pref.miyazaki.lg.jp