トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > 文化振興 > 宮崎県立美術館コレクション展(第3期)の開催について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年9月23日

宮崎県立美術館コレクション展(第3期)の開催について

年に4回、多彩なテーマで宮崎県立美術館の収蔵作品を紹介するコレクション展。今回は、クレーや北川民次らによる国内外の名品、本県を代表する画家・塩月桃甫や益田玉城らの代表的な作品とともに、昨年度新収蔵となったエルンストの版画作品を初公開します。観覧無料です。

コレクション展第3期

1

  • 会期:令和2年10月3日(土曜日)~12月24日(木曜日)
  • 休館日:会期中の月曜日(11月23日を除く)、及び11月4日(水曜日)、24日(火曜日)
  • 開館時間:午前10時~午後6時(展示室への入室は午後5時30分まで)

2

  • 宮崎県立美術館1示室1・2・32階展示室4

3

  • 宮崎県立美術館の収蔵作品を次の4つのテーマで紹介します。観覧無料

名品セレクション+新収蔵作品エルンスト

ルオーやクレー、中川一政、北川民次らによる国内外の名品に加え、昨年度新収蔵となったマックス・エルンストの版画集を初公開します。

宮崎の美術-ふるさと再発見

益田玉城、塩月桃甫ら郷土作家の代表作を紹介するとともに、宮崎の風景や伝統をテーマとした山元春挙や須田国太郎などの作品を特集展示します。

瑛九-多彩な仕事

家のみならず、文筆家、評論家、エスぺランティストなど、様々な才能をみせた瑛九の多彩な仕事を、作品や資料とともに紹介します。

ジャーコモ・マンズーの世界

当館の彫刻コレクションの中から、イタリア具象彫刻を主導した一人であるジャーコモ・マンズーにスポットを当てて紹介します。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

宮崎県立美術館
〒880-0031宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
電話番号:0985-20-3792(代表)
ファックス番号:0985-20-3796
メールアドレス:bijutsukan@pref.miyazaki.lg.jp